カテゴリー
音楽

新時代の代弁者・ディアハンター

今日は僕が敬愛してやまない、Deerhunterというバンドを紹介したい。

僕がインディーロックを好きなのは、もし女子に

「どんな音楽聴くの?」

と聞かれた時に

「インディーロック」と答えることで、

「インディーロックが好きなんてなんかオシャレだわ アート感でてるし この人好き!」

という展開を狙っているからだが、インディーロックはそのメロディやリズムパターンが独特で、面白いという事もあるのだが何よりも「歌詞」が圧倒的に一般的な洋楽・邦楽と異なっている点が面白いのだ。

大体の一般的な邦楽・洋楽の歌詞のテーマは「私」と「あなた」、「I」と「You」の関係性である。

「あなたの事が好き」
「君を愛してる」
「君と一緒にいたい」
「I love you」
「I make you mine」
「You are my everything」

これに対してインディーロックの歌詞テーマは多様性に富んでいる。

とくにDeerhunterの歌詞は圧倒的に変わっている。

Deerhunter/It Never Stops

i had dreams
that frightened me awake
i happened to escape
but my escape

would never come
would never come
would never come
would never come

(和訳:僕は怖い夢を見て飛び起きた 僕は逃げ出そうとした でも僕が逃げ出す機会は訪れなかった 訪れなかった 訪れなかった)

この圧倒的な一人感すごい。自分以外誰も出てこない。 基本「I」で簡潔しており徹底的に自分に向き合っている。 てか怖い夢見て起きたって子供か。 しかもめっちゃ歌詞後ろ向き。暗い。

Deerhunterの最大の魅力は、緻密にエフェクトされたギターが生み出すサイケデリック・ノイズの陶酔とこの救いようがない暗く孤独な歌詞世界なのだ。

Deerhunter/ Strange Lights

What direction should we choose?
We’re lost and still confused
I walk into the sun
With you, the only one

Who understood the ways
The hours become days
The weeks turn into months
We walk into the sun

So glad to have a guide
Less lonely for the ride
And should this car ascend
At least I’m with a friend

In space all things are slow
No sound with speakers blown
The silence fits the scene
The prince is now the king

We walk into the sun
We walk but cannot run
Because walking’s half the fun
We walk into the sun

(和訳:僕たちどこに行けばいいの? 迷ってるしまだ混乱してる 太陽に向かって歩いていく 君と一緒に ひとりだけど / 誰が道を知ってるの? 一日は時間で構成される 一週間は一ヶ月になる 僕たちは太陽に向かって歩いていく / ガイドがいてくれてうれしいよ 道中もさみしくないしね この車上げてかないとね(?) 少なくとも僕は友達がいる / この空間では全てのものがスローだ スピーカーはぶっとんでるから音も聞こえない この場面には静寂がよく似合うね 王子様はいまや王様になっちゃった /僕たちは太陽に向かって歩いていく 走れないから歩いていくわ 歩いていくのちょっと楽しいし 僕たちは太陽に向かって歩いていく)

ようやく「I」以外が出てきました。 友達も出てきたみたいで安心した。やっぱり一人は寂しいんだね! でも歌詞意味分かんないよね? これ説明ないと絶対わかんないよ! テーマが何なのか全然わからないけど道に迷ったりしてるから、就活生へのエールとして送りたい歌でもあるね。 しかし安易に恋とか愛とか君とか出てこないところがいいよね。なんとなく絶望感がありますよね。あとやっぱり暗い。

Deerhunter/ Nothing Ever Happened

Only when I dream but there’s no way out
You learn to talk, you learn to shout
Focus on the depth that was never there
Eliminate what you can’t repair

Nothing ever happened to me
Nothing ever happened to me
Nothing ever happened to me
Life just passed and flashed right through me

Sleep through the winter, awake in spring
Adjust your eyes to the state of things
Focus on the depth that was never there
Nothing’s easy, nothing’s fair

Nothing ever happened to me
Nothing ever happened to me
Nothing ever happened to me
Life just passed and flashed right through me

(和訳(自信ない):僕が出口のない夢を見ているときだけ、君は話すことを覚え、叫ぶことを学ぶ
/深さを調べてみようよ そこにはないけどね 修理できないものは捨てちゃいなよ /僕には何も起こらない 僕には何も起こらない 僕には何も起こらない 人生はただ瞬いている間に過ぎ去るだけ/
冬眠してて、春に起きた 物事の本質をしっかりとらえて 深さを調べてみようよ そこにはないけどね
簡単なものなんてない、フェアじゃないことも多いよ/ 僕にはこれまで何も起こらない 僕にはこれまで何も起こってないよ 僕にはこれまで何も起こったことなんてないよ 人生はただ瞬いている間に過ぎ去るだけ)

出ました! 真打ち登場です! しかしよく夢見るなこの人・・・基本寝てるんだね。「そこにないものの深さを調べる」とかピタゴラスイッチでも困難だろ! てか言ってること意味わかんないし面倒くさいわ! そして来ました。サビです。

「僕には何も起こらない×3 人生はただ瞬いている間に過ぎ去るだけ」

これだよ! よく女子高生が恋愛ソング聞いて「この歌詞ちょー共感できるーヤバイ」とか言ってるけど全然やばくないよ!この歌詞のほうが一千万倍共感できるよ!! 僕が今までずっと思ってたことをこの歌詞は代弁してくれたよ!! 全てのコミュ障&ぼっちの心の隙間を埋めてくれたよ! 尾崎豊は「10代の代弁者」と言われていたけどDeerhunterは「コミュ障&ぼっちの代弁者」だわ!

Deerhunterの魅力、少しでもわかっていただければ幸いである。 歌詞もすごいけどそのメロディセンスも素晴らしいのです。みんなDeerhunter好きになってもっと語り合いましょうよ! 日本だと知名度なさすぎなんだよ!アメリカではインディーロック界の最重要バンドと言われているのに! 

そのうち教祖様・Radioheadの魅力についてブログを書きたいところだが(ちなみに私はRadiohead教の信者である)書き始めると軽く3万字を超えて「文芸春秋」とかに掲載してもらわなくてはいけないレベルになるので、折を見て書きたいと思っている。 

 
 

 

カテゴリー
持論

お一人サマご一行

昔から単独で行動してしまうことが多い。

ひとりで何でもやってしまうのだ。

ふと思い立ったときにすぐ行動するので、人を誘う時間がないのだ。計画性がなさすぎるとも言える。

逆に人を誘って何か面白いことするのは苦手なので、自分から企画することはほとんどない。

基本誘われ待ちである。これは子供のときからそうだった。 自分から友達の家に遊びに誘いにいくことがなく、友達のほうがいつも家に来ていた。

誰もが子供のときに経験している「●●ちゃん、あーそぼ」という台詞は僕は言ったことないかもしれない。

これから「おひとり様エピソード」をあげていこうと思う。

ひとり映画・ひとり美術館は当たり前である。

ひとり映画で一番恥ずかしかったが「ラブアクチュアリー」だ。

いい映画だったが、断じて一人で映画館で見る映画ではない。断じてだ。当時の僕は何がしたかったんだ。

・ひとり海

これも余裕である。 一人でふらっと海を見るために出掛けるのだ。

鎌倉には一人で3、4回くらい行ったであろう。 由比ケ浜→寺社仏閣巡り→大仏見学コースである。お爺ちゃんか。

・ひとり旅

これもよくやる。しかも何の計画もなくふらっと出掛ける。

一昨年、3連休の中日に急に思い立ち金沢に旅行にいった。

しかし思い立って行動したはいいものの金沢に着いた瞬間に風邪を引いた。

熱にうなされながらせっかくの旅先の一夜をビジネスホテルでうんうん唸りながら過ごした。

何しに金沢まで行ったんだ??・・・ だが翌日には復調して兼六園や金沢21世紀美術館を堪能できたのでよかった。

しかし、なんで観光地はカップルばっかなんですか?!怒(当たり前)

なんでぼっちがちょっと居たたまれない気分にならなきゃいけないんじゃい!

「うわーあいつ一人でこんなとこ来てるww ププーw」とか思われなきゃいけないんや!!クソバカップル共が!(実際は誰もそんなこと思っていないと思われる すいません)

・ひとり奥多摩トレッキング

大学2年生の夏ひたすら家にこもってドラクエし、プレイ時間が100時間を超えた頃このままではいけないと思い、唐突に一人で奥多摩にトレッキングに出掛けることにした。

これもやってはいけない。 たまたま前を歩くのが付き合いたての大学生カップルだったりしたら最悪である。 まるで僕がふたりを尾けてるかのような体になってしまったではないか。

自然豊かで人もまばらな奥多摩渓谷で、2組がトレッキングしているのだ。一組は若いカップル、もう一組はドラクエ漬けのぼっちである。

しかし初々しい二人だな・・・・・ん?こっち見てんじゃねぇよ!! さっさと歩けや、後がつかえてんだよ!!

僕は二度と一人で奥多摩には行かない事に決めた。

そして最後、これはまさにリーサルウェポンである。絶対にやってはいけない。

 

・ひとり富士急ハイランド

 

これも大学生の夏休み、僕は唐突にどこかへ行きたいと思った。

その日はバイトもサークルもなく、貴重な夏の一日を無駄に過ごしたくはなかった。

何しよう?どうしよう? 僕の頭の中のインテルマイクロプロセッサがはじき出した答えは富士急だった。

僕は八王子まで行き、特急にのって大月駅から富士急行に乗った。

そしてとうとう富士急ハイランドに着いた。

着いたどー!よぅし来たからにはのりまくってやる!早速フリーパスを購入じゃー!!

まずは今(当時)話題のドドンパに乗ってやるぞー!

 

 

ドドンパは優に二時間待ちの行列だった。

こんな事もあろうかと僕は本を持ってきていた。村上春樹の小説だ。

周りが大学生・高校生のグループで賑やかな中、僕は一人別世界にいた。

村上春樹の虚無的な世界観は孤独の隙間を埋めてくれる。

かれこれ2時間全く話さないまま時が過ぎ去った。

そしてとうとう僕の乗車順が近づいてきた。

ドドンパは並列二人乗りである。当然ひとりで来ている僕の隣は空いている。

案の定大学生のグループの中の一人が僕の隣に座ることになった。

グループの中で一際元気でやんちゃそうなやつが僕の隣に座った瞬間、戸惑ったように押し黙ったのが忘れられない。

あふれでそうな涙を吹き流すようにドドンパはゆっくりと始動し、音速の世界に突入した。

・・・・・いや〜ドドンパすごいスピードだった! 楽しかった〜もう一回乗っちゃおうかな!!

その時、館内放送が富士急に響き渡った。

「当園はあと10分で閉園になります お気をつけてお帰り下さいませ」

真夏の血のように濃い色の夕暮れに、僕の影は長く伸びていった。

溢れ出る汗は抑えきれず、暑さによるものかそれとも別の何かによるものか、僕にはわからなかった。

僕にわかっていたのは2、3時間並んでドドンパに一回乗っただけで、富士急がそろそろ閉園しようとしているという事だけだった。

 

フリーパス・・・・買ったのに・・・・・・

 

帰りの電車に揺られながら今日僕は何を得たのだろうという事をぼんやり考えた。

導きだした答えは、失ったもの(金・時間・誇り)はあったけど、得たものはなかったという結論だった。

強いて得たものと言えば、富士急はすっごい混んでるという事実、遊園地に行くならもっと朝早く出掛けたほうがいいという知識、あと一人ではもう遊園地には絶対行かないという堅い決意だった。

P.S. いつか一人BBQをしてみたい。「ちょwwやばwwww 驚愕www まさかの一人BBQ発見www」とかtwitterで晒されて拡散されるのが夢です。