カテゴリー
カルチャー 人生 持論 読書 近況

18年新しくチャレンジしたいこと

新年明けましておめでとうございます。

 

masakuroyです。

 

 

今年お正月休みはダラダラ〜〜っと過ごしながらも何冊か本を読んだ。

 

 

読んだ本の話はまた別の機会に書くとして正月休みで思ったことと今年チャレンジしてみたいことを備忘までに書いてみることとする。

 

 

日経ビジネスの2018年予測の分厚い本と、アマゾンを分析した本やSHOWROOMを立ち上げた前田裕二さんの「人生の勝算」、尾原和啓さんの「モチベーション革命」を読んだり、たまたまBSでやってた「2001年 宇宙の旅」を見ながらふと考えた。

 

 

将来AIに定型的な仕事は奪われるから、自分が本当に好きなことを表現することが人を惹きつけ、新しい仕事になるみたいなことを読んでなるほどなぁと。

 

 

人に課題を与えられて黙々と真面目に取り組むのはAIにできちゃう可能性があるから、やりたいことをもつことが大事ですよと。

 

 

そこで「2001年 宇宙の旅」を見ながらやっぱり自分は「白黒はっきりしないアート的なもの」に常に惹かれ続けていると気づいた。

 

 

2001年宇宙の旅は説明的な部分をひたすら省いて、ともすれば映像作品みたいでわかりづらい・退屈という人もいるようで万人に受け入れられるわけではないが私は面白いと感じる側の人間だ。

 

 

よく考えたらそうだ。

 

いつだって自分ははっきりとした結論が出ない作品・万人に評価されるわけではないものが好きだったのだ。

 

 

音楽でも割とマイナーなアーティストや曲が好きだし、洋楽インディーロックとか同じ指向性を持つ人にしか基本的に理解されない。

 

 

そういう音楽は何がいいのかはっきりと説明できないけど、自分にとっては心の琴線に触れるものがある。

 

 

絵画だってハンマースホイ・フランシスベーコン・曾我蕭白とかアウトサイダー的な画家が好きだ。

 

 

またドラマだってCSで一斉放送されていたカルテットを久しぶりに夢中になってみたが、はっきり白黒つかない、何かが起こりそうで起こらない物語が大好きだった。

 

 

小説だって村上春樹とか白黒はっきりしない、読者に想像させる余白を多く残すような作品が好きだ。

 

 

やはり私ははっきりしないもの・その魅力がどこから来るのかわからないミステリアスなものが好きなのだ。

 

 

別に謎が解けなくなっていい。

 

 

答えを求めて暗い道を進んでいって、結果的に何があるのかわからなかったみたいなものでも構わないのだ。

 

 

ある意味そういったはっきりと説明できないものってAIが一番苦手なものなんじゃないかと考えたりもした。

 

 

私もそういった影響を受けてきたよくわからないものを自分でも表現して見たいという野望がある。

 

 

しかし音楽や映像・絵画での表現はいささかハードルが高い。

 

 

とりいそぎ自分に一番身近な文章でそういったものを表現することに今年は挑戦して行きたいのだ。(文章も相当ハードル高いけど笑)

 

 

なのでnoteとかで超短編小説を書いて見ようかな〜などと考えている。

 

 

 

目標は今年中に5作品を書くこと! とりあえずスモールスタート笑

 

 

 

まぁ現実的なところ1作品でも書ければ御の字でしょう笑

 

 

 

そんな感じで新しいことにチャレンジして見ようと考えている今日この頃です。

 

 

 

文豪masakuroyの爆誕にご期待ください笑

 

 

 

では今日はこのへんで!

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー
カルチャー 持論 音楽

最近エンドレスリピートしてる音楽5選〜春の波間を揺蕩う音楽達〜

こんにちは。 masakuroyでがす。

 

春ですね。

 

お花見の季節ですね。

 

私ですか?

 

お花見に行く予定はありませんよ。

 

それどころか近年お花見に参加した記憶がありませんよ。

 

しかしこの期間だけ咲く桜の美しさは愛でたいと思います。

 

香りも楽しみたいと思います。

 

なかなか寒が抜けませんがね、、、

 

 

さて今日は私が最近エンドレスリピートしてる音楽を紹介したいと思います。

 

この季節ならではといった曲は一曲もありませんけどね笑

 

私が勝手に出会ってハマった曲で、タイミングは全く関係ありません笑

 

ジャジーだったりゆるい雰囲気の渋谷系リバイバルぽい音楽に最近ハマってんですよね〜。

 

まず一曲目。

bonobosの「Cruisin’ Cruisin’

 

 

結構有名なバンドですよね?

今まで聴く機会なかったんですけど、すっっごいいいですね。

 

いや〜PVの雰囲気もすごいいいんですよ。

 

日々の生活に疲弊した男女が、休憩がてらビルの屋上に出るとまるでそこには幻のような光景が・・!

砂漠に現れたオアシスがごとくbonobosが奏でる優しい音楽は二人を包み込んでいく。

曲が終わるとそこには夢でも見ていたかのように何もなく、二人の男女が佇むだけ。

しかし二人の心は静かに癒されていったのだった・・・

 

曲とPVの雰囲気の一体感が半端ないですね。

 

レゲエとかチェンバーポップというジャンルらしいですけどリズムが心地いいですね〜

 

いや〜まさにチルアウト・ミュージックですわ。

 

一日働いた日の終わりに、ビールでも飲みながら聴きたい音楽ですね。

 

なんとなく、きもちいい!

なんかわかんないけど、いい!(語彙)

 

さて続いてはけものフレンズならぬ自称”神泉系”バンド”フレンズ”の「夜にダンス」。

 

 

こちらも楽しげでわたしも混ぜて!といいたくなってしまうようなPVがステキ。

 

結婚式の二次会用に仲間でワイワイやりながら撮りました!的なゆるいノリが大好き!

 

男女混合ボーカルの掛け合いがきもちいいですね!

 

男性ボーカルひろせひろせさんの若干テキトーっぽい(失礼千万)なラップもゆる〜くていい感じです!

 

【フレンズ】2016年、もっともキテる神泉系バンド”フレンズ”から目が離せない!

 

さて次はバイブスの伝道師・我らが神奈川県が誇る特産物バンド Suchmosの「PINKVIVES」。

 

 

いわずもがなの気持ちいいグルーブ、バイブス感。

 

サイコーっスね、パイセン! といいたくなります。(HAMA-YOKO風)

 

クラシックのオープンカー、アメ車がよく似合いますね。

 

昔のクルマとか、カセットテープとかノスタルジーを感じさせるアナログなものってカッコいいですよね。

 

次はカルテットロスを引き起こしたドラマ「カルテット」の劇中ユニット”Doughnuts Hole”が歌う「おとなの掟」。

 

椎名林檎さん作ですね。

 

りんごワールド全開のフィルムノワール的音世界がたまりません。

 

歌詞もカルテットの物語にリンクしてて、聴くたびにカルテットロスが小々波のように押し寄せますね。

 

しかし松たか子さん歌うま〜〜!

 

最後は「EGO-WRAPPIN’」と言う独自の音楽ジャンルを構築している、日本音楽シーン孤高の存在 EGO-WRAPPIN’の「That’s What I Need」です。

 

 

森三中大島さんと安藤なつさんが主演していた「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」というドラマのエンディングテーマだったのですが、朝焼けの街を上空から映しながらこの歌が流れていくエンディング、めっちゃ好きだったんですよね。

 

ビルの屋上でコーヒー牛乳でも飲みながら、これから目覚めようとしてる街を見下ろしながら聴きたいチルアウト・ミュージックですね。

 

いや〜、上質な音楽!笑

 

さて、季節も良くなってきたし、野外でこんなチルアウト・ミュージックを聴きながらぬるいビールでも飲みたいなぁ!

いい季節になってきましたね。

 

それでは新年度、張り切ってまいりましょう。

 

 

 

 

カテゴリー
カルチャー 持論 近況

みぞみぞしてきました 〜さよならカルテット〜

こんにちは。masakuroyです。

 

わたしは今、とても悲しいです。

 

なぜかわかりますか?

 

・・・ん? 髪切ってからイジリー岡田に似てきたから?

 

違う! 次!

 

SPA!の袋とじ(エロいやつ)がうまく破けなかったから?

 

 

ちがうわ!!

ちゃんと定規使って綺麗に破いとるわ!!

 

わたしが毎週楽しみにしていたドラマ「カルテット」が終わってしまったからです。

 

もうあの最高のカルテットに会えないかと思うと寂しくてたまりません。・・・

 

社会現象を巻き起こした「逃げるは恥だが役に立つ」と同じ枠で後番組としてやるということで、相当プレッシャーかかっていたかと思うのですが、期待をはるかに超える面白さでした!!

 

こんな素晴らしいドラマをお茶の間に届けてくれて感謝しかないです。・・

 

僕の心に一生残り続けるであろうドラマですほんまに・・・。

 

視聴率はあんまり振るわなかったのですが(最終回視聴率は9.8%だったらしい)ネットをざわつかせ、ニュースでは話題になり続けるという奇妙な現象が起きていました。

 

『カルテット』この4人なら、やり直しスイッチはおさなくていいーー最終話が提示したアンサー

 

私の敬愛する松田龍平と、今世間で女子をざわつかせている高橋一生、当代切っての演技派天才女優・満島ひかり、そして松たか子が共演するというヨダレが出て止まらないような素晴らしいキャスティングの時点で勝っていた感はありました・・・

 

しかしドラマを見てみて一番際立っていたのはストーリーでした。

 

脚本は「最高の離婚」「Mother」なども手がけている坂元裕二さん。

「東京ラブストーリー」も坂元さん作品らしい!! すごいっす。・・・

最高の離婚見てみたくなっちゃった・・

 

『カルテット』脚本家坂元裕二の過去作と評価。満島ひかりとの過去?

 

大人の恋は、やっかいだ」というキャッチコピーの通り、メインキャストは全員30代。

 

ビタースイートで大人なラブストーリーが展開されていくかと思われましたが・・・ちょっと違いました。

 

このドラマは安直なラブストーリーではなかったんです。

 

誰と誰が惹かれあって、最後は結ばれるというお約束の展開にはなりません。

 

カルテットは、人間関係であったり生き方にいろんな可能性を提示するドラマだなぁと思いました。

チェリストの満島ひかり演じるすずめちゃんは松田龍平演じる別府さんに片思いするのですが、別府さんは別府さんで松たか子演じるまきさんが好きなんです。

そんな時すずめちゃんは、別府さんとまきさんにコンサートのペアチケットを渡すのですが、アルバイトしている会社の社長にこう言います。

 

私の好きな人には好きな人がいて、その好きな人も、私は好きな人で。うまく行くといいなぁ、って

 

すずめちゃんにとっては別府さんも好きなんですが、まきさんも同じくらい好きなんです。

 

男だとか女だとかじゃなくて、二人とも「好き」なのですずめちゃんの想いは漂流してしまうのですね。

 

社長に「君の好きはどこに行くの?」と聞かれて

 

さあ・・そのへんにゴロゴロしているというか

 

と答えるんですが

 

このへんのセリフのセンス最高じゃないですか???

 

 

上質な生活を、送りたい。」を標榜する私にとっては

俺は、、、俺はこんなドラマがずっと見たかったんだ!!

 

と思わず街を見下ろせる丘の上から叫びそうになってしまいましたが、

玄関で靴を履いている途中で思い直り、やめときました。

 

そんなすずめちゃんの秘めた思いを知る高橋一生演じる家森さんがすずめちゃんに”SAJの三段活用

(「好きです」「ありがとう」「冗談です」)を授けるのですが、もうこのへんが切ないのなんの!!

 

『冗談です』でなかったことにして、みんなそういう風に生きてんの

っていう家森さんのセリフがもうね・・・!

 

一話あたりの名言のエンカウント率がやばいんですよね、カルテットは。

 

「カルテット」片想いの法則”SAJの三段活用”に「納得すぎる」「激しく同意」の声 すずめ(満島ひかり)と家森(高橋一生)の恋が切ない!

 

30代でまぁまぁいい大人だけど、皆リア充とは真反対でちょっとダメなところがありつつも、前を向いてユーモアを持って生きてるところが共感度マックスです!!

 

 

もう十分いい大人だけど、夢を完全には諦めきれずにいる。

 

音楽への夢を追い続けるか?それとも趣味にして年相応に現実を受け入れて生きていくか?

 

その決断を4人は迫られますが、4人が出した結論とは・・・

 

松たか子演じる巻真紀や満島ひかり演じるすずめちゃんなど、俳優陣の演技がほんとに最高です!

 

かなりサイコな役の吉岡里帆ちゃんやもたいまさこさんなど脇役陣もいい味出してます。

 

若くもなくほろ苦い大人の青春の日々。・・・

 

宙ぶらりんな夢・・・。

 

家森さんもすずめちゃんも最初はただただ自由なダメ大人でしたが笑、次第にちゃんとした社会人として、現実と折り合いをつけながら生きていきます。

 

大の大人が4人で共同生活をして、働いたり働かなかったりで音楽の夢を追う・・・。

 

けしからん! という人もいるかもしれません。

 

でも、何がダメなんでしょうか?

 

生き方のルールっていうのは、決まってるわけじゃありません。

 

道の上を歩いてもいいし、道を外れてけもの道を進んでもいい。

 

誰も通ってない方角に進んでもいい。

 

疲れたらちょっと休んでもいい。

 

「大人は皆何者かでなくてはならない」

「大人としての責任を負わなくてならない」

それはそうだけどちょっと力を抜いてみてもいいんじゃない?

それより目の前の唐揚げをみんなで美味しく食べよう。

 

・・・待って待って、ここにレモンがありますね?

 

唐揚げにレモンをかける、かけない。

 

こういったディテールを楽しむのが「カルテット」です。

 

私はオカンにも「カルテット面白いから見た方がいい」と勧めていたんです。

そしたら「ちょっと分からなかった。戯曲みたいで苦手かも」と言われたんですね。

 

確かに見る人によっては苦手かもしれないです。

でも言い得て妙でこのドラマは「戯曲」みたいなもんだと思いますね。

舞台っぽくもあるかもしれないです。

会話だけで成立するドラマだと思います。

そう考えるとドラマって脚本の力が本当に大きいですね。

 

最終話でコンサートすることがきまった時に、すずめちゃんが

演奏を皆に聞いてもらわなくてもいいじゃないですか? 1人でも2人でも、届く人に届けばいいじゃないんですか?

と言います。

 

たとえ一人だとしてもいい、たった一人の胸に響けばそのコンサートは成功なのだと。

もしかしたらその言葉はドラマ自体のメッセージだったのかも知れません。

 

ー視聴率がたとえよくなくても、このドラマが伝えたいことが見てくれる人の誰かの胸に響けばいい。

誰かの救いになってくれればいいー。

 

結果的にカルテットは多くの人の心に深い余韻を残したと思います。

私もその一人です。

 

こんな誰の得にもならないブログを細々と続けていますが(笑)、

誰か一人でも見て何か感じてくれる人がいるのであれば、

誰かに届く可能性があるのであれば、意味があるんじゃないかと思います。

なので、これからもブログを書き続けます。

 

別府さんみたいなことを言ってしまいましたが、

 

そんな勇気をカルテットが与えてくれました笑

 

 

 

あー、カルテット終わってしまったー笑

 

これから何を見て心の拠り所にしていけばいいんだろ笑

 

よーし、これからもブログ書き続けるぜ!

行こうぜぇ、カルテット!!

 

 

アディオス!!