カテゴリー
カルチャー 人生 持論 近況

ベルギー奇想の系譜展に行ってきた 〜ファンタジーの揺りかご〜

こんにちは。 masakuroyです。

芸術の夏ということで、先日避暑も兼ねて渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで開催されている

ベルギー 奇想の系譜展」に行ってまいりました。

 

Bunkamuraザ・ミュージアムはアクセスがいいのと、一風変わった展示が多いので最近お気に入りです。

 

写実を追求したリアルな絵画の中にファンタジーの要素が組み込まれていて、幻想的な絵画世界が楽しめます。

 

ちょっと怖くて不思議なアートに興味がある人は楽しめること請け合いでしょう。

 

チラシはこんな感じです。

 

この絵のイメージを見るだけでかなりエキセントリックなアートであることはわかってもらえるでしょう。

一枚目の写真の絵画はヒエロニムス・ボス工房の「トゥヌグダルスの幻視」という作品で、神話をベースに地獄の情景を描いたものなのですが、”ウォーリーを探せ”的な細かい部分を見ていくたびに新しい発見があるのが面白いです。

裸の人間が異形の怪物にいじめられている地獄絵図さながらの光景ですが、絵のタッチと怪物のとぼけた?容姿も手伝ってなんとなくユーモラスに感じてしまいます。

 

美しくも怪しきベルギーの「奇想の画家」の傑作が勢揃い!

 

現在のベルギー周辺地域・中世でいういわゆるフランドルの画家たちは独特の個性を持っていて非常に面白いです。

奇想の系譜展でも出展されている画家たちを紹介します。

 

ピーテル・ブリューゲル

言わずもがな非常に有名な画家です。

遠景から人々を描写するようなタッチの絵が多いですが、ほのぼのとした描写の中にも人間の業への痛烈な皮肉や風刺が含まれているのが特徴です。

ピーテル・ブリューゲル|知れば、アートは楽しくなる-ART LOVER

 

私は中野京子さん著の「怖い絵」シリーズを読んで、ブリューゲルの絵画「絞首台の上のかささぎ」に含まれる「悪意」を知り「こんな牧歌的な絵なのに・・・怖いわ〜」と震撼したのを覚えています。

怖い絵-絞首台の上のかささぎ

 

ルネ・マグリット

幻想的な絵画世界で非常に人気・知名度ともに高いマグリットの絵も今回出展されてます。

シルクハットをかぶった紳士の顔がフルーツに置き換わっていたり、雨の代わりに紳士が空から大量に降ってくるといった独特すぎるけど強烈な魅力を放つ絵画は必見です。

あれ?何かがおかしい・・・。シュールな画家「ルネ・マグリット」に酔いしれたい!

 

フェルナン・クノップフ

まず名前がいいですよね。 ハンター×ハンターに出てきそうです。

この人は妹と人気のない街を描かせたら右に出るものはいないというほどの画家だったようですが、この人の書く街は完全に「死の匂い」が漂っており、何とも言えない退廃的な魅力が漂っております。

私こういうかなり極端に倒錯した趣向を持つ画家、大好きなんですよね・・・

 

クノップフ<見捨てられた町>|ARTRAY

 

ジェームズ・アンソール

「仮面の画家」として前衛的な画家として有名です。

その斬新な作風に理解を示さなかった世間への欺瞞や怨嗟を仮面という形で表現したのでしょうか。

人々の顔は仮面で置き換えられているがむしろ心の奥底の本心を仮面で表現したのかもしれません。

素顔を隠すための仮面が本質を浮き彫りにしているというなんとも皮肉的な、逆説的な表現でしょうか・・・

ジェイムズ・アンソール|アート・アートと文化

 

ポール・デルヴォー

純粋な摩訶不思議度とインパクトはNo. 1かもしれないですね。

強烈な世界観です。まさにシュールレアリズムですね。

古代ローマを思わせる建築物と全裸の無表情な女性が同じ画面に佇んでいる。しかも夜。

状況説明は全くできません。現実ではありえない夢の世界そのものだからです。

この19-20世紀に活躍したベルギーの画家って皆実家が裕福なんですよね・・

じゃないと絵画なんて続けられなかったからかもしれないですけど。

しかもデルヴォーも母親から溺愛されて最愛の女性との結婚が破談になったり、どこか複雑な事情が見え隠れします。

そうした倒錯や満たされない思い・コンプレックスのようなものが強烈な創作意欲をかき立てた可能性は否定できませんね。・・・

春彦さーーん!!

 

3分でわかるポール・デルヴォー

 

色々な時代のベルギー出身の芸術家の作品が集まった展覧会、とても面白いので足を運んでみてはいかがでしょうか。

私は特に19-20世紀の少し変態的趣向を持つ絵画が一番好きです笑

私も変態だからかもしれませんね笑

では!

 

 

 

カテゴリー
カルチャー 人生 持論 近況

ソール・ライターの写真展を見に行ってきた 〜無視されることは最高の特権である〜

こんにちは。 masakuroyです。

 

5月の陽光が爽やかで心地いいですね。

 

・・・いや、なんか暑くないか!? 

 

あれ、なんか日が落ちたら逆に寒いし!・・・

 

ゴビ砂漠か!

 

@@@

 

急激な気温変化に体調を崩しがちの虚弱体質masakuroyです。

 

さてそんな中、アートをこよなく愛する文化人である自称「アール・デコ派(意味不明)」の私は、前から目をつけていた写真展に行って参りました。

 

それこそ渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されている「ソール・ライター展」です。

 

ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展|Bunkamura

 

もちろん写真のことなんて全然詳しくない、かろうじてフォトグラファーといえばロバート・キャパ篠山紀信さんくらいしか知らない私はソール・ライターのことは全く知りませんでした。

 

しかし、電車の車内広告でソール・ライター展のポスターを見たときに、一瞬でその一枚の写真が持つ魅力に魅せられたんです。

 

その写真は日常のなんでもない瞬間を切り取ったような写真でした。

 

タクシーに乗る客と運転手を斜め後ろから隠し撮りしたような構図でした。

 

もちろん被写体は写真を撮られていることなんて気づいてませんし、運転手の顔も、客の顔も影で隠れていて表情さえ読み取れません。

 

ただ、車内のつり革をつかむおそらく初老なのであろう客のゴツゴツした手の甲だけにはっきりとピンとがあっています。

 

 

ただそれだけの写真です。 しかし私はその写真に強く興味を惹かれました。

 

 

なぜだか理由はわかりませんが、私の中の感性の扉を力強くノックされたのです。

 

その理由を確かめに私はソール・ライター展に足を運びました。

 

 

渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムの地下1階で開催されています。

 

スクランブル交差点とかセンター街のあたりは人だかりでゴミゴミしていますが、

 

松濤のあたりまでくると人通りも落ち着いてきて、渋谷もまた別の表情を見せます。

 

 

ソール・ライターのイラスト写真パネルでしょうか?

イラストがなんか可愛いですね!

 

ソール・ライターはネコ好きだったそうです。

 

飼っていたネコの名前はレモンちゃん!  かわいいな!

 

 

ソール・ライターの代表的な写真の構図。

 

構図のほぼ八割が天蓋で覆い隠されています。

 

この構図だけでソール・ライターが一風変わった視点から写真を撮っていたことがわかるでしょう。

 

ソール・ライターはファッション誌のカメラマンとして第一線で活躍しますが、商業写真とは距離を置き、自分が撮りたい写真を追求していきます。

 

その後、忘れられた存在になりますが、ドイツの出版社が2006年にソール・ライターの写真集を出版したことでその天性の色彩感覚・叙情性が再評価され、注目を集めます。

 

2013年には彼の生涯を題材にした映画も作られます。

 

映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』公式サイト

 

ソール・ライターは、ユダヤ教のラビの家に生まれ神学校に通いますが、画家になりたいという夢を隠し持ち、単身ニューヨークに向かいました。

 

そこで表現主義の画家リチャード・プセット・ダートと出会い、彼の影響で写真に関心を持つようになったと言います。

 

才能を見出され、ファッション誌「ハーパーズ・バザー」誌でファッションカメラマンとしてのキャリアをスタートしますが、それは彼の本当に撮りたい写真ではなかったと言います。

 

ハーパーズ・バザーの高名な女性編集者に、「ハーパーズ・バザーでの一年より、〇〇(画家の名前)の一枚の方が価値がある」と言い放ち、不興を買ったという逸話があるくらいです。

 

彼は後期印象派の画家や、日本の浮世絵におおいに影響を受け、敬愛していたため彼の写真にもその影響が見て取れます。

 

『写真家 ソール・ライター展』をレポート NYの片隅で人知れず写真を撮り続けた、伝説の写真家の秘密に迫る

 

ソール・ライターは「雨粒に包まれた窓の方が、私にとっては有名人の写真より面白い」という言葉を残しています。

 

彼は華美な世界よりも、身近で、素朴な世界に魅力を感じていたのでしょう。

 

彼の真骨頂が発揮される写真は、市井の人々のなんでもない瞬間を切り取った構図が多いです。

 

中には表情もわからないくらい遠景だったり、背中だけだったり靴の先だけを映した構図もあります。

 

しかし、ソール・ライターの関心は一貫して「名もなき人」や「人がいる風景」に向かっているように感じました。

 

人間を愛していたんですね。

 

彼は自分の生活圏内にある、なんでもない日常風景の中に何かしらの神秘性を見出そうとしていたのではないかと想像を膨らませてみます。

 

彼の残した言葉をもっと紹介しましょう。

 

見るものすべてが写真になる

 

写真家からの贈り物は、日常で見逃されている美を時折提示することだ

 

人間の背中は、正面より多くのものを私に語ってくれる

 

私が写真を撮るのは自宅の周囲だ。神秘的なことは馴染み深い場所で起きると思っている。

なにも、地球の裏側まで行く必要はないんだ。

 

このような彼のポリシー・思想をもとに取られた写真は、決して加工されたり誇張されたものからは感じ取ることのできない、静謐で、嘘のない一瞬の生の輝きを感じさせます。

 

ある意味シュールとも捉えられます。

 

彼の写真を見ていて、私はある画家を思い出しました。

 

その画家とはフランドル時代の異端の画家・ヴィルヘルム・ハンマースホイです。

 

【作品まとめ】静謐と不穏 ヴィルヘルム・ハンマースホイ(Vilhelm Hammershøi)-NAVERまとめ

 

ハンマースホイの作品の持つ独特の静けさとシュールさを、私はソール・ライターの写真の中にも感じ取っていました。

 

ソール・ライターがハンマースホイに何かしら影響を受けていたのか知る由もありませんが、その共通点が私には興味深く思えました。

 

ソール・ライターの写真展を見終える頃、私はここに来たかった理由に行き当たりました。

 

私は、やはり一風変わったもの・シュールな世界が好きなのだと。

 

誰しもが絶賛するようなオーソドックスなものよりも、アウトサイダーであったり、オルタナティブなもの、マイノリティーなもの関心を寄せているのだと。

 

 

私の中で、このことは自信から確信に変わりました。

 

こんにちは、松坂大輔です。(違う)

 

 

私の人生のテーマがようやく定まりました。

 

それはアウトサイダー・オルタナティブなカルチャーを追求する」というものです。

(なんのこっちゃ)

 

わけがわからなくなってきたのでこの辺で筆を置くこととします。

 

それでは、ではでは!