カテゴリー
スポーツ 人生 持論 旅行 近況 野球

夢舞台。白球の行方、入道雲。 〜第100回全国高校野球選手権大会観戦記〜

こんにちは。masakuroyです。

お久しぶりです。

気づいたら3ヶ月くらいブログを更新してませんでした。

 

何をやっていたんでしょうか。 たぶん充電していました。

 

さて、今日は夏休みを利用して行ってきた甲子園の観戦・旅行記を書こうと思います。

 

今回は8月11日と12日の試合、1回戦・2回戦を観戦しようと思い2泊3日の旅程で出かけた。

 

案の定この日程は新幹線の指定席など取れるはずなく、東京駅から自由席で乗車。

 

朝8時過ぎにも関わらず自由席の半端ない順番待ちの行列に恐れをなしたが、1号車の前列扉側に並びなんとか乗車できた。

 

2時間半ほど乗車している間に今大会の甲子園のおさらい。

 

 

 

今年はドラフト候補になるスーパー高校生を要する話題校が目白押し。

 

超高校級の逸材を何人も擁する圧倒的優勝候補の大阪桐蔭に、高校No.1右腕との呼び声が高い吉田投手を擁する金足農業

 

また2年前まで毎年初戦敗退だったのに甲子園出場を決めた三重県代表白山高校など、話題に事欠かない。

さすがメモリアルの100回記念大会、平成最後の甲子園。

 

注目する要素が数多くある。

 

Numberを読んでやっぱりKKコンビを擁したPL学園と、”平成の怪物”こと松坂大輔を擁して春夏連覇した横浜高校は甲子園の歴史の中でも特別なんだなぁと思いを巡らせているうちに新大阪についた。

 

大阪に着いたらまず名物「インデアンカレー」で腹ごしらえ。

 

阪急三番街の地下2階にある。

 

この甘辛いルーは相変わらずクセになりまんなあ。

 

インデアンカレー 阪急三番街(INDIAN CURRY)-梅田/カレーライス[食べログ]

 

食後、ホテルに荷物を預けいざ阪神電車に乗り込み聖地・甲子園へ。

 

ホームではアナウンスや電光掲示板で「全国高校野球選手権大会のチケットは売り切れており、甲子園球場には入場できません」とやたら注意を促されているが、こちとら甲子園現地観戦回数5回を超えるベテランである。

こうやって牽制はしているが現地に行きさえすればなんだかんだで入場できることは知っているのだこっちは。

 

甲子園駅につき、ホームから甲子園球場を見下ろしてみたところ・・・

 

 

えっ!? 駅まで行列が伸びてるやん!!

 

こ、これは球場に入れないというのもあながちフラグではないのかもしれない・・!

 

お察しの通り今年は記録的な猛暑に見舞われ、甲子園の開催自体が疑問視されていたことは周知の事実である。

日差しの中にいるだけで熱中症リスクが高まる危険な環境の中で、これだけの人が甲子園の入場券を買い求めて行列に並んでいるという圧倒的事実に、足がすくんだのは確かである。

 

しかし我とて100回記念の甲子園を生観戦すべくわざわざ東京くんだりからやってきたのだ。

 

ここで引き返すわけにはいかない。

 

意を決して阪神タイガースよろしく縦縞の自動改札にICカードをタッチした。

 

甲子園に来たら学校関係者席であり、応援の迫力が素晴らしいアルプス席で観戦することにしていたのでアルプス席の行列に並んだ。

 

地獄の業火に焼かれんが如く直射日光の人間BBQと化しそうな自由席の行列と違い、アルプス席は高速道路の高架下に並ぶので、日陰の比較的快適な環境で待てるのでオススメである。

 

 

まぁ、そういいながらも13時前から並んで、球場に入場できたのは第4試合が始まった16時過ぎであった。

 

優に3時間待ってようやく入場できるというディ●ニーランドも真っ青の行列である。

 

 

ようやく聖地・阪神甲子園球場に入場することができました。

 

黄昏時の甲子園。・・・

 

この時になると気温もだいぶ下がり快適な環境で観戦できた。

 

試合は名門・愛工大名電高校対白山高校のお隣県対決だった。

 

随所でフレッシュでハツラツとしたプレーを見せた初出場白山高校だったが強打を誇る愛工大名電に軍配が上がった。

 

3塁側の愛工大名電のアルプス席で観戦していたのだが、名電の攻撃でファウル気味のフライが上がり、白山高校のレフトがフェンスに当たりそうになりながらキャッチ。

 

その時フェンスにぶつかりながら観客席に向かってニッコリ。

 

球児の爽やかな笑顔に相手チームの選手にも関わらず観客は皆魅了され、白山高校にも暖かいエールを送っていた。

 

なんて爽やかなんだ、甲子園。

 

やっぱこれだよな、高校野球。

 

甲子園の醍醐味を存分に味わい、夜は焼肉に舌鼓をすべく鶴橋に。

 

空 鶴橋本店(そら) -鶴橋/ホルモン[食べログ]

 

軽快な関西弁が飛び交う中、絶品のホルモンを堪能し明日の試合に思いを馳せた。

 

さて今回宿泊するホテルは梅田駅にほど近い「ヴィアイン梅田」。

 

ヴィアイン梅田 -トリップアドバイザー

 

繁華街の真っ只中にあるが、ホテル内に入ると別世界のような静けさ。

 

できたばっかりらしく内装も非常に綺麗で落ち着いている。

一回からはセブンイレブンに直通の入り口があり便利。

 

朝食ビュッフェバイキングは味がよく種類も豊富で満足度高し。

レストランは最上階で景色も最高である。

 

コスパ・利便性に優れた満足度の高いホテルであった。

 

二日目。

 

朝ホテルでビュッフェを堪能した後テレビで第1試合二松学舎大付対広陵を見つつ、昨日より早めに甲子園球場へ向かう。

 

11時前には球場に着いたが、すでにアルプス席には長蛇の列が。

 

今回は初めて1塁アルプス席での観戦を試みるため列に並ぶ。

 

さすがに11時入りなので第3試合からは見れるだろうと思っていたが、なんと第3試合には入場できず。

 

それだけ長蛇の列だったのだ。

 

しかも第3試合は、高校野球史に新たな1ページを刻んだであろうあの済美対星稜、延長タイブレークでのサヨナラ満塁ホームランの試合だったのだ。

 

 

球場の中で観戦できなかったのはなんとも悔やまれるが、アルプス席の列に座りながらラジオと一球速報で観戦していた笑

 

なので個人的にはあの熱戦を体験した当事者だと思うようにしている笑

 

ラジオと一球速報は時差があるから球場内のものすごい歓声が実況よりちょっと早く聞こえたけど笑

 

ちなみにチケット再販売を待つ列はこんな感じである。

 

もう皆さん慣れてしまってリラックス感が強い笑

 

 

再販売を待って、第4試合が始まった17時にようやく入場できた。

 

皆さんおわかりだろうか?

 

高校野球の試合を1試合見るのに優に5時間並んだことになる。

 

何かの行列に5時間並んだことはあるだろうか?

 

しかし、これだけ並ぶことになっても、暑い中大の大人が文句も言わず黙々と待っているのである。

 

これが「甲子園」というコンテンツが持つ力であろう。

 

どれだけの金・権力があろうとこれだけ待たないと甲子園の観戦チケットは手に入らないのだ。

 

ちなみに当日は朝の6時には「満員通知」が出たらしい。 どんだけやねん笑

 

今まで何回も甲子園を見に来たけど、ここまで混んでいたのは記憶にない。

 

高校野球人気が年々一足飛びに高まって来ていることを肌に感じる。

 

第四試合は慶應義塾高校対高知商業高校の伝統校同士の対決だ。

 

慶応の応援団が座る1塁アルプス側の最前列に座ったのだが、応援の雰囲気がすごかった。

 

 

旧制中学時代の第2回大会で優勝している伝統校、久々の出場ということもあり応援席の盛り上がりがすごい。 どこを見ても青と赤のメガホン。

 

しかも応援歌がよく流れる「アフリカン・シンフォニー」とかじゃなくて慶応独自の応援歌だから観客は耳慣れないのだが応援席で皆熱唱している。

 

明らかに普通の甲子園とは異なる異質な雰囲気を醸し出していた笑

 

この時最前列のフェンス越しに試合観戦したのだが、もう目線がグラウンドレベルで金網越しに写真を撮るとまるでボールボーイになったかのような視線だ。笑

 

 

塁審さんが近い笑 迫力がすごい。

試合は今大会躍進した高知商業の強力打線に慶応バッテリーがつかまり、点差が開いた。

 

最終回慶応が反撃の狼煙をあげたが届かず、高知商業が3回戦に進んだ。

 

試合終了後、アルプス席に駆け寄り泣きながら一礼をする慶応ナインの姿が印象的だった。

 

甲子園で引退できるのは幸せなことなんだと思う。

 

この大会で負けたチームの三年生はその時点で即引退なのだ。

 

万感の思いが去来するであろう。

 

しかし、負けても一切言い訳することなく、爽やかな涙とともに支えてくれた全ての人たちに感謝し、勝者に敬意を払いながら甲子園を後にする。

 

「高校野球、最高!」「あいつ、半端ないって」劇的敗退も・・・近江ナインが「爽やかすぎる」: J-CASTニュース

 

数えきれない人間ドラマが生まれ、素晴らしいスポーツマンシップ・美しい友情を垣間見ることができるのが、人々がこれだけ甲子園に惹きつけられる理由なのだろうか。

 

なぜこんなに甲子園を心と体が求めるのだろう、確たる答えがあるかどうかはわからない。

 

しかし甲子園は飽きもせず毎年人々の心を打つのは確かである。

 

何一つ確かなことはないが、私はまた甲子園に来てしまうのだろう。

 

いや、必ず来年またここに来るだろうー。

 

梅田食道街のねぎ焼きを食べながら密かに心に誓ったのであった。

 

 

「新梅田食道街」安くて旨い!大阪のおすすめグルメ9店|icotto(イコット)

 

第100回高校野球選手権大会観戦記 完〜

 

 

 

 

カテゴリー
カルチャー スポーツ 人生 近況

ランニングを続ける秘訣について考えてみた〜ランニングはともだち!〜

序章〜長期休みって何すればいいの?〜

こんにちは。masakuroyです。

私は今夏休み中です。

なんと怒涛の10連休。

 

たくさんお休みをいただいて、ありがとうございます。

しかし平時は

「なんでこんなに働かなきゃいけないんだ!」

「ちくしょうもっと休みよこせ!」

と好き勝手なことを思っておきながら、いざ休みに突入してみると3日も経つと既にやることがなくなってしまいました。

 

普段もっと休みがあったらいろんなことができるのに・・・!とか呟いてるくせにこれだ

 

なんかもう単発のバイトでも入れてやろうかなとかバカみたいなこと考えてます。

 

会社の規則的にNGでしょうけども。

 

単発の日雇いバイトとか入れたら面白そうだなぁ・・、 ちょっとやってみたい。

 

 

やはり休みに入る前にはある程度しっかり計画を立てておいた方が楽しめますよね。

 

夏休みはだいたい毎年甲子園を見に行っていたのですが、

6月に友人結婚式でハワイに行ったので(過去ログ:コオリナ・ボーイズ〜三十路の正しいハワイの愉しみ方〜参照)、今年の夏は旅行はいいか〜と思って何も計画してなかったんですよね。

 

普段なかなか出来ないことを何をやるか?って考えた時にいろいろと思い浮かべてみました。

 

ゲームが好きであればスプラトゥーンやドラクエを好きなだけやりまくるとか。

満喫に入り浸って気になる漫画を読みまくるとか。

甲子園をひたすら全試合見まくるとか。

普段見ないテレビ番組を見まくるとか、映画を見まくるとか。

気になる街に出かけてみるとか。

美術館とか展示会に出かけてみるとか。

あえて分厚い本とか長編小説にチャレンジしてみるとか。

 

 

 

あらら、非リア充かつ彼女なしかつ友達少ない私は全て一人で完結できることしか思い浮かびませんでした。(一線級の自虐(ジギャキ)スト・masakuroy

 

しかし何にせよ気は持ちようです。

 

友人や周りの人々を巻き込んで楽しいことを企画し、実行するセンス・スキルも開発していきたいですが、それ以外にも一人で過ごす時間をいかに充実して楽しいものにするかというセンス・スキルも磨いていきたいと思います。笑

 

「masakuroyの”ひとりじょうず”」ブログを別途開設予定ですので乞うご期待!(嘘)

 

ランニングを続けるための秘訣5選

 

さて本題に入りましょう。

 

最近ランってすごい流行ってますよね?

 

私も毎週日曜日の朝、友人とランニングをしています。

もう半年以上続けてますね。

 

ランニングを続けていられる理由としてやはり「楽しいから」ということが挙げられますね。

やはり楽しくないと続けられませんよ、何事も。

 

なぜランを続けられるのか、振り返って考えてみました。

 

運動が好き

 

はい、いきなりぶっこんできました笑

やはり大前提として運動を好きにならないと始まりませんよね。

 

私は学生時代もずっとスポーツをやってきて、体を動かすことが大好きなんです。

 

普段運動できないときでも、できるだけ歩くのが好きですしエスカレーターに乗らずに階段を登ったりもよくします。

一週間に一回ちゃんとした運動ができないと体がうずうずしてきちゃうんですよね。

 

「体を動かすことが嫌い」「走るのはおろか歩くのが嫌い」と、そもそも運動が嫌いな人だとこのハードルを越えることはかなり難易度が高いという気がしてしまいますね。

 

運動が好きな人であれば、ランを続けることはそこまで難しくないと思います。

 

翼くんも「簡単さ!ボールと友達になるんだよ!」と言ってましたよね?

 

そう、簡単なんです。

 

ランニングと友達になればいいんです。(意味不明)

 

誰かと一緒にやる

 

私も一時期ひとりでランをしていたことがありますが、ひとりで走るって結構孤独なんですよね。

 

音楽聴きながら走るのもいいけど、普通に車とか通行人に接触しないとも限らないんで危ないし、途中で走ることに飽きてしまったりしてました。

 

なので誰かと一緒にやることがオススメです。

家族・友人・恋人でも誰でもいいですが、共通の目的があって一緒にやる人がいれば続けられます。

実際に夫婦でランニングしている方などよく見ます。

 

私は友人と勝手に「せたがやランニングクラブ」という団体を結成し(現状会員二人)、毎週走っています。

 

走っている最中に友人と話しながら走っていると「走っていてキツイ」という気も紛れますし、意外と時間を忘れて走れるものです。

 

話すのに夢中になって他のランナーや通行人に迷惑をかけてしまってはいけませんが。

 

「しゃべりながら走るなんてきつくない?」という人もいるかもしれませんが、そりゃガチで記録を狙うようなペースで走るならきついと思いますが、話しながらでもキツくないペースで走るようにすれば問題ありません。 慣れます。

 

走るのがきつかったらウォーキングでもいいと思いますよ。

 

ドイツには家族や友人と散歩をするという文化があるといいます。 いい文化ですね。

 

ドイツの散歩文化は自然と健康を同時に守る良い習慣

 

 

形から入る

 

形から入るというもの大事だと思いますね。

ランニングというのはお金がかからないのがいいところですが、まずランニングウェアを一式揃えてしまう。

そうすると投資を回収しなくてはいけないから、走るようになりますからね。

 

私も当初は以前所属していた社会人ラグビーチームのチームウェアを着て走っていたのですが、色がビビットすぎるのと胸にデカデカと「●●(チーム名)一家」とかマイルドヤンキーかとも捉えられない文字が入っていたのが恥ずかしくてウェアを買いに行きました。

 

ウェアは渋谷のB&Dというスポーツ用品店で買いましたが、最近は手頃な値段でおしゃれなウェアも多くて見てるだけでも楽しいです。

スマホや小銭入れを入れておけるようなスポーツ用ウェストポーチも買いましたが、とても便利で重宝しています。

 

 

記録をつける

 

私はやっていないのですが、友人はランニングアプリで毎回走った距離を記録しています。

一緒に走っていると「あと何分で何キロ」とか消費したカロリーとかが瞬時でわかりますから大変便利ですね。

友人が利用しているのは「Runkeeper」というアプリです。

 

初心者にピッタリな”無料”ランニングアプリ5選

 

こういったもので記録をつけていれば、着実に記録が積み上がっていきますから自分がどれだけ走ってるか実感できますし、自分のラン情報をSNSとかでシェアすることはモチベーションアップにつながると思います。

スマホを専用のポーチに入れて腕に巻いて走るのもファッション性が高くてオシャレですよね。

 

大会にエントリーする

 

昨今のランブームの影響でそこかしこで「マラソン大会」が開催されまくってます。

「RUNNET」というサイトで条件を入れて検索するとすごい数のマラソン大会がヒットします。

RUNNET-日本最大級!走る仲間のランニングポータル

 

「日本の津々浦々でこんなにマラソン大会が開催されているのか? これはもしかしたら黙っているだけで皆マラソン大会に出ているのでは? もしかしたら影で”あいつだけ走ってねーよ、ププ”とか笑われているのでは?」

と厄介極まりない被害妄想に陥ること請け合いです。

 

とりあえず3ヶ月先くらいの大会に勢いで「オリャ」とエントリーしてしまえばもう走るしかなくなります。

 

はるか昔の中国、漢と趙の戦において漢の韓信は農民ばかりの寄せ集めの兵を率いていましたが、兵法のセオリーにあえて逆らって川を背に陣を引きました。

 

退路を断つことで兵士たちに「逃げ場はない、やるしかない」と覚悟させ火事場の馬鹿力を出させるようにしたのです。

趙の軍は漢の軍の陣を見て大笑いしたそうですが、韓信の目論見通り必死に兵は戦い見事大勝利したそうです。

そうです、これこそがかの有名な「背水の陣」です。(参照:語源由来辞典)

 

 

わかりましたか。

 

人間万事背水の陣。(違う)

 

とりあえずエントリーしてあえて逃げ場のない状況を作るのです。

 

あとから「なんでエントリーなんかしちゃったんだ」とアタフタすれば良いのです。

 

まとめ

 

どうですか。みなさん。

走りたくてカラダがうずうずしてきちゃったんじゃないですか?

暑いから秋になったら走ろう」とか言ってたら今年終わっちゃいますよ!

さぁクーラーが効いた部屋から飛び出して、カラダを夏にしていきましょう!

 

 

それではまた!

 

 

カテゴリー
カルチャー グルメ スポーツ 人生 持論 近況

上質な休日の過ごし方講座 〜masakuroyはBarにいる〜

こんばんは。

”上質”を知る男、masakuroyです。

 

嘘です。

知りません。

おまけに金もありません。

 

とまぁ得意の自虐(Self-torture)は置いといて、上質”な生活を送りたいと思う今日この頃です。

 

無益で疲れるだけの合コン三昧という魔のスパイラルを抜け出し、もっと芸術文化に触れ、感性を磨きたいと思うのです。

 

そして30代の大人の男の魅力を醸しだして行きたい

というのが最近の私のテーマです笑

 

さて、それでは上質な休日の過ごし方の例を挙げてみましょう。

 

①. いい本を読む。

 

最近は資産運用入門みたいな本を読んでます。 まぁ運用するほどの資産も持ってないんですが30代ともなってお金の知識をもっと身につけなきゃなぁと思いましてね。

こういった実務的な本だけじゃなくて文芸作品も読みたいんですよねー。

 

今読みたいのはドストエフスキー。

カラマーゾフの兄弟しか読んだことないんですが、定番の罪と罰とか地下室の手記を読んでみたい。

人間とは何か?といった深遠なテーマに迫る小説をじっくり読みたい、、

スマホばっか見ていてすぐ答えを求めてしまう生活の反動で、逆に”すぐになかなかわからないもの”を読んでみたいのかもしれないですね。

 

はー現代人。

 

↓のブログを読んで改めてドストエフスキー読みたいと思いました。

やっぱりドストエフスキー読もうぜ!-Letter from Kyoto

 

②.いい音楽を聴く。

 

三度の飯より音楽が好きな私は、音楽聴くだけでストレスを解消できるというなかなかいい特性を持っています。

 

今年もすでにThe xx(今年フジロックに来る!)の素晴らしい新作に出会えましたし、直近ではBlood OrangeとかCloud Nothingsとかも聴いてますね。

 

 

 

4月にはCeroのライブにも行きます! 楽しみ!

ジャズとかにも手を出してみようかなぁと思います。

あんまり詳しくないんですけどチェット・ベイカーとかビル・エヴァンス好きなんですよね。

静かに過ごしたい夜によく合う音楽です。

 

 

 

 

③.芸術に触れる

 

いいものを見て、触れて感じて心に栄養を与えたい!って感じですね笑

 

上質な映画を見たり、上質なアートを見てクリエイティブなマインドを養いたい。

 

それをどこで発揮するんだっていう。笑

 

今一番見たい映画はカナダが誇る若き天才・グザヴィエ・ドラン監督の「たかが世界の終わり」です。

 

 

ギャスパー・ウリエル、マリオン・コティヤール、ヴァンサン・カッセル、レア・セドゥなどフレンチ・コネクションな豪華キャスト。

カンヌ映画祭のグランプリを受賞しましたね。

 

山田孝之が羨ましがってることでしょう笑

 

こういった人間ドラマを描いた、心のひだに触れるような映画をもっと観ていきたいですね。

 

あとレイトショーは1300円と安く観れるのでオススメです!

 

④. 定期的な運動を欠かさない

健康教室みたいになってしまいましたが笑

 

しかしこれは大事なこと! やっぱり週一ではいい運動して汗かきたいですからね!

精神的にも運動はいい影響を与えている気がします。

 

週に一回は運動したい!

けどジムに行くのも一人で走るのも嫌だ・・・という私はこんな感じで運動習慣を作り出しています笑

●タッチラグビー大会/練習参加!

これは前出のブログにも書いていることですが私は友人とタッチラグビーチームを組んで、一ヶ月に一回は大会や練習に参加してます。

慢性的な人数不足に悩まされていますが笑

過去ブログ:アラサーに反復運動は辛い〜春の省エネ!大作戦 参照

 

●ランニングをする!

フルマラソン出場を目指している近くに住んでる友達が、いつも日曜の朝に走っているのでそいつと一緒に走っています。 まぁだいたい6kmくらいですが笑

あ、ちなみに私はフルマラソンには興味ありません笑

2月とか寒いんで家にこもりがちですが、結構日曜は天気がいい日も多いので、朝から外で走ると爽快な気分になれます^^

自分がとても立派な人間になった錯覚に陥れます笑

 

●個人フットサルに参加する。

 

しもた!今週タッチラグビーもランニングもない! という時は個人フットサルに参加します。

 

チーム組んで、、とかだとハードル高いんですけど、個人でもフラッと申し込んで参加できるものがあるので、お一人さまにはとっても嬉しいですね!

The 銀座deフットサルの個人参加情報・予約-LaBOLA

 

基本個人参加ベースなのでひとりで行って浮くこともないですし、ある意味ビジネスライクな雰囲気が気に入ってるんですよね。笑

 

⑤. ひとりBARを愉しむ。

 

はい、きました。 大人な時間の過ごし方真打です。

 

ひとりBARって憧れるけどハードル高いなぁと思っていたんですけどいざ行ってみると、、

とってもいいですね笑

 

今はいろんなBARに行ってみて、どこか通うBARを決めたいと思ってます。

 

早い時間に行くと他にお客さんがいなくて、マスターと話しちゃったりして、上質な時間に浸れるのでオススメです笑

 

行ってみるとBARにも、料理を出してくれるBARもあれば、お酒以外は食べ物を一切置いていないBARもあって色々そのお店独自のカラーがあって面白いです。

 

おしゃれなジャズが流れるバーもあれば、ろうそくの光が揺らめく、真っ暗で無音のバーもありますからね笑

 

真っ暗で無音のバーに行った時は正直ビビりましたけど、慣れると妙に落ち着けました。w

 

バーではウィスキーを飲むことが多かったですけど、この間初めてカクテルを頼んだんですよね。

 

カクテルなんて女性が好む甘い感じのお酒なんだろな〜と思ったら、とんでもない!

 

マティーニを飲んで、その強烈さに驚きを隠せませんでした!

 

マティーニが【カクテルの王様】と言われる4つの理由-NAVERまとめ

 

すごい強いし、一杯飲むだけでもかなり回っちゃいますね笑

 

そして、ウィスキーよりコスパがいい笑

 

ジントニックとかもマスターの腕の見せ所で、居酒屋で飲むものとは全然違うので頼んでみるといいかもです。

初めてのバーに来たら、まずはジントニックでも|【中野・バー】NAR NASH

 

こないだバーのマスターに「おすすめのカクテルください」と言って出してもらったのがフランシス・アルバートというカクテル。

あの伝説的歌手・フランク・シナトラをイメージして作られたカクテルのようですね。

とても強烈でしたがどこか甘い感じのある、不思議な味でした。

 

とまぁ、最近こんな感じの休日を過ごそうと思っております。笑

 

より一人遊びがうまくなってきた感じですかね笑

 

今年のテーマは「上質な生活」ですから、休日もダラダラせずにテーマを持って過ごしていきたいと勝手に思ってます笑

 

私はこんな上質な休日を過ごしています」といったような皆様のご意見・お便りドシドシお待ちしています笑

 

それでは、皆様も是非”上質”な休日をお過ごしくださいませ笑

チャオ!

Fin.

 

 

 

 

カテゴリー
カルチャー グルメ スポーツ 旅行 近況 野球

超速!甲子園参り 〜第98回全国高校野球選手権大会観戦記〜

どぅもーー!! masakuroyですよろっしゃすぅーー!(永野風)

 

いやぁ、リオオリンピックも終わってしまった。

 

卓球団体とか、日本男子団体の銀メダルとかすごかったなぁ、、

 

またオリンピックの時は新しいアイドルを発見するのもひとつの楽しみだね。

 

今回、女子レスリングの登坂絵莉ちゃんの強さ・たくましさと裏腹なつぶらな瞳と、

バドミントン「タカマツ」ペアの松友選手の凛とした純日本的な美しさに目を奪われちゃいました・・・

 

さて今回四年に一度のスポーツの祭典がやっている最中、兵庫県は西宮では毎年恒例の、夏より熱い球児たちの夢舞台が開催されてました。

 

今年も白球の行方を追いに、若人たちのほとばしる生命のエネルギーを感じに行って参りましたよ、甲子園!

 

ただ、今年は非常に強行なスケジュールだった。

 

例年はお盆の最中に行って最低でも大阪で一泊するのだが、今年から祝日「山の日」が制定されたので、8/11(木)からいこーかという話になった。

 

私以外のメンバーはもちろん一泊して8/12(金)も甲子園観戦する予定だったのだが、なんと私は鬼のスケジュール調整能力を発揮した結果、12日休めなくなった。

 

れどころか12日めっちゃ朝早く会社に行かなくてはならなくなってしまった。

 

ガッデム!!

 

まさかの日帰り甲子園観戦ツアーである。

 

ガッカリや、、、

 

 

8月11日当日。

 

私は朝早く新横浜から新幹線に乗り新大阪を目指した。

 

新幹線の車内ではNumberの甲子園特集を読み、準備万全。

 

写真 2016-08-27 16 55 40

 

清原和博とはどんな打者だったのか」というテーマで甲子園で清原が生み出した歴史的な瞬間に、対戦相手として立ち会った当時の選手たちの声が載っていた。

 

ゆうに30年以上前のことなのに、皆決して忘れる事のできない記憶として持っていて、それぞれ悔しかったり誇らしかった思いを未だに抱えて生きているのだ。

 

清原和博氏がいかに傑出した人物で多くの人に影響を与えたか、またここまで人の人生に影響を与えてしまう野球というスポーツ、甲子園という舞台がどれだけすごいものなのか、改めて実感した。

 

ただ間違いなくインタビューに答えていた人すべてにとって、甲子園で清原と対峙した瞬間が人生で最も鮮烈で、忘れがたい記憶として刻まれているんだろうなという気がした。

 

そんなことを思いながらNumberを読んでいるうちに新大阪に着き、友達と合流。

 

大阪来たからにはまずカレーっしょ!(絶対違う)ということで「インデアンカレー」に直行。

インデアンカレー阪急三番街店

 

阪急3番街店に行くと案の定、昼前にも関わらず店外に10人以上の行列。

 

相変わらず大阪の地元の人にとっても大人気なんやな!

 

15分くらい並んで席に通され、来ましたインデアン!

写真 2016-08-12 14 46 06

 

うん、これこれ! この甘辛い独特のルーがええねんな!

 

大阪来たで〜!って感じするわ〜(^ν^)

 

テーブル席無しのカウンターで、ごっつい大阪のおっちゃんが5、6人いて無愛想に接客してくれる感じがまたええんやわ〜(^o^)

 

定番を味わったところでいざ甲子園へ!

 

例のごとく阪神電車で甲子園に向かう。

 

車内は甲子園目当てとおぼしき客で混雑している。

車内では年頃の高校生くらいの女の子とお父さんらしい人が野球の話を交わしている。

高校生ともなると多感な時期で、お父さんと出掛けるなんてまずしないと思うけど、親子で高校野球・甲子園好きで観戦にでかけるのかと思うと、なんとも胸が温まるわ!

 

さぁ着きました甲子園。

 

なんか甲子園駅改修されて出口増えた?
時間はすでに昼を回っている。

第二試合の途中くらいだろうか?

 

我々は三塁アルプス席のチケットを買った。
客席に入り、グランドにほど近い席に腰をおろすと富山第一対中越の試合が始まっていた。

写真 2016-09-04 20 42 29

写真 2016-08-11 12 39 27

写真 2016-08-11 15 20 33

写真 2016-08-11 13 52 50

写真 2016-08-12 14 44 49

 

いやーこの景色ですよ。

 

晴天の下、白球を追う若人、生ビール。

 

この組み合わせ最高ですね!

 

富山第一対中越は行き詰まる投手戦。

 

スコアボードに並ぶゼロの行列。

 

7回くらいになってから観客席がザワザワし始める。

 

あれ、これってまさか、、、

 

中越のピッチャーはここまでヒット一本与えずノーヒットノーランの大記録が見えてきていたのだ。

 

おお、まさか我々は高校野球史の歴史的瞬間に立ち会ってしまうのか!?!

 

ザワザワしっ放しで迎えた9回裏。

 

富山第一の攻撃。

 

この時点でスコアはまだ0-0だった。

 

しかしここで二塁打を許してしまい、大記録達成はなくなった。

 

その次の打者にもサヨナラ二塁打が飛び出し、なんとノーヒッターペースで進んでいた中越は、たった二本のヒットで勝ち越しを許し、無念の敗戦となった。

 

一球の重みをまざまざと見せつけられた感があった。

 

また甲子園が持つ独特の雰囲気。

 

四万人の観客の視線がいっせいに注がれるマウンド上の緊張状態といったら、想像するだけで胃が痛くなる。

 

その日の第三試合 嘉手納対前橋育英もそんな甲子園の独特の雰囲気が生み出した展開のような気がした。

 

2013年に高橋光成を擁し初出場初優勝した前橋育英対、初出場の沖縄の公立校・嘉手納の対戦。

 

実績がある前橋育英が優位だと思っており、途中まで試合巧者の前橋育英ペースで試合は進んでいた。

 

しかしピッチャーとファーストの連携ミスでアウトを撮り損なってしまってからピッチャーの投球リズムが乱れ、ストライクが入らなくなってしまった。

 

ピッチャーが変わっても、全くストライクが入らない。

 

まるで前橋育英のチーム自体がバミューダトライアングルに囚われたかのように、負の連鎖から抜け出せない。

 

嘉手納ナインは初出場で気負いもなく好機をしっかりと活かしつなぐことに徹し、得点を重ねていった。

 

この試合でもたった一つのプレーが与える影響の大きさ・野球の怖さを思い知らされた。

 

その後は梅田に移動して夜飯を食べる店探し。

 

Tが大阪の同僚から「おいしいお好み焼きならここでっせ〜」と教えられた「きじ」というお好み焼き屋さんで食べることにした。

 

きじ 本店-梅田/お好み焼き[食べログ]

 

きじは新梅田食道街というなんとも食欲をそそるなにわグルメ密集地帯の一角にあった。

写真 2016-08-11 17 21 51

 

皆は当日泊まるホテルにチェックインするためにいったんホテルに向かったが、日帰りの私は早めに店に行って席をとることにした。

 

しかし店の前に着くと、あれ?並んでるぞ、、、

 

まだ17時くらいなのに、、、

 

しかも「この看板より後ろに並ぶと他店の迷惑になるので並ばないでください」とか

「この線からの待ち時間目安は●●分です」

とか書かれた張り紙があり相当な繁盛店とみた!

 

取り急ぎ列に並び始め待つこと50分。

ようやく席に通されることになり、まさに席に通される直前に図ったように合流する友人3人。

 

相当タイミングいいな! 笑

 

おれ一人で小一時間孤独に待ってたのに、、笑

どーーん!!

写真 2016-09-04 22 09 50

写真 2016-09-04 22 09 43

待った甲斐あっておいしいお好み焼きとビアーが運ばれてきました!

 

ぶた玉とか定番メニューもモッチモチでおいしかったんだけど、いなか焼き(具がコンニャクとかチクワでTになんでそれ頼んだ?笑と言われたが)が個人的に1番美味しかったかな!

 

お好み焼きを食べたあとは立ち食い寿司を挟み串カツのはしご。

しおや 寿司店 新梅田食道街

ちなみに立ち食い寿司の女女将がマジ美人であり、普段全く女性のタイプでは相入れることのないSとも「笑顔が最高だよな、癒される」と意気投合したことを備忘までに記録しておく。

 

串カツはきじのちょうどトイメンにある松葉総本店へ!

松葉総本店-梅田/串揚げ・串かつ

(きじを出たあとmasakuroyがうまい串カツの店知ってるぜ!とのたうち散々皆を連れ回した挙句発見できず、結局松葉に戻ってきたくだりは割愛する)

かなり身長が大きいコテコテの大阪弁の女性店員さんに「にいちゃん顔色悪いで、大丈夫?」と謎の心配をされながらも(もしかしたら何かボケて返すべきだったのか?フリだったのか?)串カツをオーダー。

 

写真 2016-08-12 14 46 24

写真 2016-08-11 19 56 34

写真 2016-08-11 19 58 25

写真 2016-08-12 14 46 13

写真 2016-08-12 14 46 18

 

いやーここの串カツもうまかってん!

 

豚玉って串がまた歯ごたえが良くておいしかったんですわ!

 

串の二度づけは禁止でっせ〜!

 

さて、今年も甲子園観戦を楽しみ、大阪で食い倒れた私は短い時間ではあったが日帰り旅行を満喫することが出来た。

 

こうして私のいつもより短い夏休みは終わりを告げた。

 

甲子園では全力で頑張る球児たちのひたむきさ・ほとばしる若さとエネルギーに刺激を受けた。

 

梅田では大阪の食倒れグルメに舌に刺激を受けた。

 

今回の旅行で1番ショッキングだったのは、週刊朝日増刷の甲子園特集雑誌の表紙のチアガールの可愛い女の子が、実は実際に撮影したものではなく、スタジオでスチール撮影したモデルである説があるを知ったことだった。

 

毎年どこかの学校の可愛いチアガールが一生懸命応援している姿を激写しているもんだとばかり思っていたのに、、、

 

ショック! ※真偽のほどは定かではない

 

こうして最終の新幹線で日常へと戻っていったmasakuroyであった。

Fin.

カテゴリー
スポーツ ラグビー 持論 近況

9人の侍 〜第25回東京都タッチラグビー大会〜

ビシソワーズ! masakuroyです。

 

皆様御機嫌うるわしゅう。

 

皆さん、ユーロ観てますか!?

 

四年に一度のスポーツの祭典、ユーロ2016が面白いっす。

 

出場国が18から24に増えて、大会のレベル低下が一部で危惧されてましたが、

 

小国は小国なりの戦い方があって強豪国相手に健闘してますね!

 

国と国のプライドをかけて、全力でぶつかり合う欧州選手権はW杯と違ったまた格別の面白さがあります。

開催国のフランスはまとまりがあっていいチームだし、ぜひ優勝してほしいですね!

f7b6a_1494_2467b2d1_0cf2d984

出典:news.livedoor.com

テロや不況で暗いムードに包まれたフランス国民をサッカーの力で勇気づけてもらいたいものです!

ユーロ2000の再現を再び!!

 

私も先日ユーロ並みのアツい戦いをしてまいりました。

 

そうです。「2016東京都タッチラグビー大会」です。

image

東京都タッチラグビー協会HPより: http://www.touchtokyo.org

 

タッチラグビーを始めてわずか3か月のひよっこチーム「ハングオーバー」が、

日本一の規模を誇り20年以上の伝統がある大会へのエントリーを決意したのだ。

 

しかし大会参加には紆余曲折があった。

タッチラグビー大会へのエントリーは私がすることになっていたが、気付いたらエントリー締切が過ぎていたのだ。

 

N「そういえばタッチラグビーの大会、もう申し込みはしたの?」

私「いや、まだしてないよ」

N「え? もう締切過ぎてない?

私「なっッ!?・・・・・・

 

なんとエントリー締め切りを勘違いしており、チーム登録できていなかったのだ。

 

なんということだ・・・! この大会参加を目標に頑張ってきたというのに・・!

 

その後驚異のリカバリー(大会運営者に泣きのメールを入れる)によって奇跡的にエントリー締切後の追加登録を認められたハングオーバー。

 

この大会は50近いチームが参加する非常に規模が大きな大会なのだ。

 

 

無事追加エントリーが済んだと思われた矢先、大会当日が刻一刻と近づく中新たな問題がチーム・ハングオーバーを襲う。

 

なんと、人が足りないのだ。

 

当初は8人の参加を見込んでおり、リザーブが二人確保できていた為(タッチラグビーは1チーム6人で行う)体制は整っていると思われた。

 

しかしメンバーGに

 

出席取ったの結構前だからリマインドした方がいいじゃないスか?

 

と言われ、改めて出席をとりなおしてみるとなんと当日参加者が4人に急減したのだ。

 

なんということだ

 

結構前から告知していたじゃないか

 

なぜこの段階で4人もキャンセルが出るんだ

 

急な仕事が入っていけません泣」とか言ってるけど本当に仕事なのか

 

いきなり試合は厳しい」とか大会が近くなってからチキり出すやつなんなんだ

 

肉離れが治っていないから出れない」とか甘えてんじゃないよ

 

冷凍マシンとかあらゆる手を使って大会までには仕上げてこいやっ〜〜〜!!(怒)

 

アトレティコ・マドリード率いる鬼のシメオネ監督やったらドヤされるだけじゃ済まされへんぞ〜〜!!

ドッカ〜〜〜ン!!

pcimage

出典:web.ultra-soccer.jp

 

我々は大会開催を目の前にして、まるで2010年W杯で一部選手がレイモン・ドメネク監督に造反しボイコット騒ぎを起こしたフランス代表チームのようにバラバラになりかけていた。

 

四人では到底チームの体をなさない。

 

対戦チームから人を借りてやり過ごすこともできるがなんとも情けない。

 

最悪棄権するしかないのか・・・

 

最悪のシナリオが頭をよぎったその時、救いの手が差し伸べられる。

 

Nが会社の先輩を呼んでくれることになり、その先輩も2人くらい人を連れてきてくれるというのだ。

 

助かった。・・・

 

なんとか7人いれば大会参加は可能。

 

土壇場で首の皮一枚で助かったハングオーバー。

 

その先輩は昔名門高校ラグビー部でプレーしていた人らしいが、ここ10年くらいまともな運動してないらしいし、その知り合いももしかしたらラグビー経験者じゃないかもしれない。

 

なんとか短い時間でルールを教えて動きかただけは覚えてもらって頑張ってもらうしかない。

 

覚悟して迎えた当日の朝。

 

会場は大森にある東京ガスラグビーグラウンド。

 

あいかわらず私は最寄り駅の「大森町駅」を「大森駅」と間違えるというお約束のポカをやらかし、バスと電車を乗り継ぎ会場に着くと集合時間を少し過ぎていた。

会場に着くと遠くにNとSと助っ人ぽい人たちの姿が見えたので向かっていった。

 

「チワ〜ッス」

 

IMG_3910

 

そこにいたのは5人の助っ人だった。

見た目に見るからに普通の人間ではない。

 

皆明らかにラグビー経験者だ。

 

隆起した筋肉、浅黒い肌。鋭く射抜くような目つき。

 

サンウルブスの選手だと言われても疑わない完璧なラガーマンたちがそこにはいた。

 

現代に甦った本物の「SAMOURAI」のようでもあった。

042-sevensamurai

出典:movie-man.com

 

聞くとNの先輩は泣く子もだまる高校ラグビー界の名門・東の横綱・国学院久我山高校出身であり、高校の後輩に声をかけて連れてきてくれたのだ。

高校時代高校日本代表候補だった人や、最近まで社会人チームでプレーしていた人もいた。

 

翻って我々ハングオーバーの面々はラグビー経験者と言われても誰も信じないようなヒョロくだらしない体のメンバーの集まり。

 

しかも助っ人のが人数多いし。

 

どっちが助っ人やねん。

 

しかも皆ルールの飲み込みが早く、すぐにルールを覚え動きも非常にシャープ。

 

我々はすぐに誓った。

 

「主役はあくまで助っ人の皆さん。 僕たちは彼らが気持ち良くプレーできるようにサポートに徹しよう。」

 

裏方に徹することを誓い、初戦を迎えた。

 

助っ人の皆さんの素晴らしいパス&ムーブでいきなり先制トライのチャンスを迎えるハングオーバー。

 

しかし相手のインゴールでスーパー助っ人のエンジェルパスをものに見事に弾き落とすS。(インゴールノッコン)

 

いきなり助っ人の人たちの足を引っ張ってる。・・・

 

これはもうダメかもわからんね・・・

 

前途に不安を感じたが、ここから連携が徐々に高まっていき、突破力がありトライをとってくれる助っ人・機敏にサポートをし守備で体を張るオリジナルハングオーバーメンバーという絶妙なコンビネーションで白星を積み上げていくことに成功。

IMG_3902

IMG_3903

オフタイムショット。

IMG_3904

この人数。タッチラグビー人気やばい!

 

4−0とかか5−0など”大量得点・ゼロ封”が当たり前のスコアで、一躍優勝候補へと名乗りを上げたハングオーバー。

 

対戦相手チームから

「めっちゃ強いっすね! どういう母体のチームなんですか?」

と聞かれたが、

「本来のチームは影が薄くてラガーマンぽくない4人で、トライ取りまくって活躍してる5人は本日限りの助っ人です」

とは言えなかった。

 

順調に勝ち星を重ね、ついに・・・・

 

スクリーンショット 2016-06-19 15.05.41

 

 

なんと、エンジョイクラスで堂々優勝しました〜〜〜!!

 

 

 

最後は仲良く9人で記念写真を撮りました!!

 

 

IMG_3906

 

いや〜最強の助っ人の皆さんのおかげで本当にラクができ・・・・もとい楽しんでプレーすることができました〜!!

 

リザーブが3人くらいいると疲れたら代われるし、物足りなくもないからプレーする上で一番ちょうどいいですね!

 

 

出ずっぱりだと正直辛いです。

 

 

しかし、長らく経験したことのなかった「優勝」の味を覚え、満ち足りた気持ちでいっぱいです。

 

また優勝という美酒を味わうために研鑽していきたいと思います!!

 

興味を持ったそこのあなた!

タッチしようぜ!

一緒にレッツ・プレイ・タッチ!!

 

Fin.

 

 

カテゴリー
スポーツ ラグビー 人生 近況

アラサーに反復運動は辛い〜春の省エネ!大作戦〜

3月X日、私は早朝から電車である場所に向かっていたー。

千代田線から常磐線に乗り入れ、人もまばらな旧式車両の電車に揺られること十数分。

窓の外には東京下町は葛飾区の、雑多でアジアを思わせる独特の風景が広がっていたー。

そして、私は気付くととある駅で降りていた。

 

IMG_3520

 

金町駅ー。

いつだろう、前にも来た気がする。

そうだ。 私がまだ若かりし頃当時所属していたラグビーサークルの試合がこのあたりであったのだ。

そして会場の最寄り駅が金町だった。

ここからバスに揺られて河川敷にあるグランドに向かったものだー。

 

それは10年程前の話である。

しかしなぜ、私は今金町駅に来たのか?

金町駅の看板をスマホで撮影しながらしばらく自問自答してみた結果、思い当たる節が見つかった。

 

そうだ。

今日はここで「タッチラグビー」の大会があり、その大会に出場するために来たのだー。

 

タッチラグビーはラグビーによく似たスポーツで、海外では盛んらしいがまだ日本ではそんなに普及していない競技らしい。

 

私は待ち合わせ場所のドトールで、S、K、Tと合流した。

 

彼らはこの日に備えて練習を行い、普段も走ったりしてコンディショニングをしてきたようだった。

 

彼らの目線からは否応なく、未だ一応現役ラガーマンとして活動する私に期待しているのが感じ取れたー。

Sとて往時は「埼玉が生んだ和製ジョナ・ロムー」との異名を持ち、試合に出ればノー・ホイッスルトライか、豪快にハムストリングを損傷して負傷退場するという両極端な大型WTB・スピードスターとして活躍していたが、今やだいぶ丸くなってしまい(見たまんまの意味で)その面影はない。

Kも高校時代はラグビー部で素晴らしい運動能力・センスを発揮し県代表になるレベルだったが、今や見る影もなく細く、彼がラグビーをやっていたと言っても誰も信じないだろう。

体育会系というか私文化系です・渋谷系ですといったオーラが漂っている。

Tも直近でメンタルコンディションがズタボロであり、お世辞にも心身ともに整っているとは言い難い状況であった。

 

タッチラグビーは6人制だが、今日は7人しか来ない。

一人しかリザーブがいないので、ほとんどのメンバーが試合に出つづけるしかないー。

しかも10分ハーフで4試合もあるー。 つまり80分プレーしなくてはならない。

80分とは国際ラグビーマッチの試合時間と一緒である。

我々は本格的なラグビーの試合を1試合やりきらないといけないのと同じ状況なのだー。

 

俺がー。俺がやるしかない。

悲壮な決意を胸に私は皆と「葛飾にいじゅくみらい公園運動場」に向かった。

 

会場に着くと既に多くのチームが練習を行っていたー。

今日は一般社団法人ジャパンタッチ協会(JTA)が主催する「JTAリーグ」が行われるのだ。

(以下JTAホームページより抜粋)

“一般社団法人ジャパンタッチ協会(以下:JTA)では、2019マレーシアワールドカップにて全カテゴリーメダル獲得に向け、より試合ができる環境を構築するため、『 JTA リーグ 』を開催します。

1. 目的
2019マレーシアワールドカップにて全カテゴリーメダル獲得をするため、よりレベルの高い試合ができる環境を構築する。
初心者から、ラガーマン、女子、マスターズと様々なレベルや年代に適した強化環境を構築する。
世界で通用する日本代表選手の発掘、育成を行う国内トップレベルの環境を構築する。
2015年は関東で試験的に開催し、その後関東以外にも全国の各主要拠点で同様のリーグ戦を開催、全国のタッチ強化基盤とする。(本リーグ参加選手から優先的に日本代表を選出する予定です)”

 

 

非常にちゃんとした大会である。

日本代表レベルでプレーする選手を対象とした代表リーグも行われるが、我々はラグビー経験はあるがタッチ初心者でもできるラガー&ディベロップメントリーグで参加した。

 

我々は初心者のくせに余裕をぶっこいて社長出勤である。

 

爽やかで色黒なタッチラグビー主催者のお兄さんに挨拶し、我々は更衣室で着替えてストレッチなどをしていた。

IMG_3529

試合開始前からどことなく諦めが漂う面々。

俺が、俺がやらなきゃ、、、

 

我々がタッチラグビー初心者ということで、主催者の方がタッチラグビー日本代表の「とも」さんを助っ人として送り込んでくれた。

「こんにちは! トモって呼んでください!」

ともさんは爽やかな笑顔が印象的な色黒のピッチピチな24歳で、オーストラリアのタッチラグビーリーグでプレーしており先日帰国したばかりらしい。

ブログをやられているので是非ごらんください!

石川智也ブログ -タッチラグビープレイヤー

 

トモさんにタッチラグビーのイロハを教わる。

タッチラグビーはラグビーの準備運動として知られる「タッチフット」に似ているが独特なルールがある。

攻撃側は5回タッチで交代なのだが、タッチされたプレイヤーはボールを地面においてボールを一回またがないといけない。

そのボールを別のプレイヤー(ハーフ)がピックアップしてリスタートする。

トモさんにタッチされたプレイヤーがすぐにバックしてハーフからパスをもらうといいよ、というアドバイスを頂いた。

翻ってディフェンス側はタッチしたら全員が5mバックしなくてはいけない。

 

これはかなりオフェンスに有利なルールである。

タッチされるだけで相手のディフェンスラインが勝手に5m下がってくれるので、どんどんタッチされに行けばいい。

5回の攻撃の機会があるうちにトライを取ればいいのだ。

5回の攻撃のカードをどのように切っていくかという段取りが求められる非常に戦略的なスポーツであり、知力・体力・時の運が必要である。

 

ボールを使ったアップをしているうちにいい感触を得てきた我々は、満を持してリーグ初戦を迎えた。

 

さぁ、世界を驚かせに行こうじゃないかー。

 

mainvisual

出典:アサヒ ザ・ドリーム ブランドサイトより

 

ラグビーW杯で活躍して一躍人気者になった五郎丸選手のビールの広告よろしく、我々は強い気持ちを持ってグランドに立った。

 

初戦の相手は我々と同じ年頃のメンバーで構成されており、埼玉の高校ラグビー部の同級生で結成されたチームらしい。

 

対面(トイメン)にはぜってぇ負けねぇー。

 

気合いは十分、あとはグランドで結果を出すだけ。

わざわざ名古屋からこの大会に参加しにきた俺のフレアを見せつけてやるぜ!

 

試合が始まって一分後。

 

なにこれ。 めっちゃエグい。 辛すぎる。

 

試合開始早々に息が上がりまくり。

オフェンスとディフェンスの攻守交代がめまぐるしく、早い試合展開はまるでバスケットボールのようだ。

 

何がキツイってタッチされた後5m下がるのがキツイ。

 

誰かがタッチした後5m下がったら、またタッチにしに行くため常に下がりながらディフェンスしている感じだ。

これはツライ。・・・・

 

オフェンスになるとやたらあせってしまい左に右に走りまくるが、特に効果があるわけでもなく息が上がるだけ。

10分経ってハーフタイムになったが、「いや、もう終わりでいいです!もう後半いいです!」と言いそうになるくらい我々は息が上がっていた。

ナメてたー。 完全にタッチラグビーナメてたー。

 

相手の機動力があるハーフにラインブレイクを連発され、初戦はなすすべなく敗れたー。

 

IMG_3527

プレイ中の他チーム。 これかなりキツイんです!!

 

初戦を終えて、我々は早々にプランの変更を迫られた。

こんな戦い方をしていたらただ疲れるだけだ。体力が続かずにすぐに動けなくなる。攻撃では3回目まではゆっくりと2人だけで攻めて相手のディフェンスラインを下げて体力温存し、4回目の攻撃からラッシュをかけて一気にトライを取りに行こう!

 

名付けて「春の省エネ!大作戦」である。

 

日頃の寝不足・アラサーゆえの体力不足・リザーブが一人しかいない人数不足という「負の3本柱」のハンデを背負う我々にとって、戦うために取れる戦法は限られる。

 

プランを変更して第2戦に挑んだ。

二戦目の相手は四十代中心のおじさまチームで、千葉から来られたらしい。

試合前に

どうも、ハングオーバーさん(我々のチーム名)ですか? いや〜お若いですねぇ! 我々齢も齢なんでお手柔らかにお願いしますね!

とわざわざ挨拶に来てくれるほど友好的で挨拶を重んじる、かつ根回しに長けた純日本的なチームだ。

 

試合前にお互いの記念写真を撮り合うという和気藹々とした親睦イベントを行ったくらいだ。

IMG_3535

チーム、ザ・ハングオーバー! ハイ、チーズ!

和やかな雰囲気の中、試合前のエール交換会は行われた

 

試合はというと、「省エネ大作戦」が功を奏し、かなり楽に、かつ自分たちの思い通りに試合を進めることができた。

一戦目とはうって変わって連続攻撃から続々とトライを決めていくチーム・ハングオーバー。

 

焦って自滅していた攻撃がとてもスムーズに繋がるようになり、

あっ、タッチラグビーやっぱ楽しいわ〜笑

と実感することができた。

 

私の華麗なワンタッチパス(自画自賛)から、大外に開いていたSが豪快にトライを陥れたシーンがハイライトだ。

 

全盛期よりもだいぶ横にシルエットが広がったが、そのトライはスピードスターとして名を馳せた往時の姿を彷彿とさせた。

そのトライは葛飾区に春の訪れを告げる、爽やかな風を吹かせたのだー。

 

二戦目は嬉しい祝・初勝利!!

 

次戦まで時間が空くこともあり、ちょうどランチタイムだったので金町駅前まで行きお昼を食べに行くことにした。

駅前の蕎麦屋に入るチーム・ハングオーバー。

IMG_3532

 

いや〜タッチラグビーってかなりキツイんだなぁ〜、ハハハ・・・

疲労の色が濃いハングオーバー。 アラサーともなると一度疲れると簡単に体力は回復しないのだ。

IMG_3534

どん! 私は写真の桜そば御膳を頂きました。

ほんのり桜色に染まったそばと季節野菜の天ぷらがマイウーでございました。

 

腹ごしらえが終わり、午後同じチームと更に2試合を戦った我々。

千葉のおじさまチームには勝たせて頂き、埼玉のチームには午前中と同じようにボコされ、2勝2敗という立派な成績でリーグを終えた我々。

 

「アラサーに反復運動は非常にキツイ」という学びを得た我々は、次の大会でより好成績を収めるために、

・日頃の生活習慣を改めることによる基礎体力向上

・定期的な練習を行うことによるタッチラグビースキル向上

この2つをやっていこうと堅く誓った。

 

ついに発足した「チーム・ハングオーバー」の活動にどうぞご期待下さい!

 

ハングオーバー第2章はこれから始まります! まずは練習だ〜い!今年はやるで〜!!

IMG_3559

Fin.

 

カテゴリー
カルチャー サッカー スポーツ 持論

激闘! チャンピオンズリーグ!

こんにちは! masakuroyです。

今年もヨーロッパNo.1フットボールクラブを決める、サッカー最高峰の大会がいよいよ佳境に入ってきた。

来週からいよいよノックアウトラウンドが始まる!

 

ほんのわずかなディテールが勝敗を分ける、手に汗握る宇宙レベルの闘いの舞台が繰り広げられる。

まさにこれは現代の天下一武闘会といっていいだろう。

オラ、なんだかワクワクしてきたぞ!
できたぁ!

 

ノックアウトラウンド、ベスト16の対戦カードは以下のとおり。

CLベスト16の対戦カードが決定…連覇を目指すバルセロナはアーセナル | サッカーキング

・チェルシー対パリサンジェルマン

去年もこの組み合わせ見たけど、劇的展開でPSG勝ち上がったな。

絶好調かつキャリア集大成のイブラヒモビッチ擁するパリに期待!

レアル時代、ビッグイヤーを勝ち取ったディマリアにも注目!

 

ゼニト対ベンフィカ

地味ではあるけど実力伯仲のいいカードですね〜! 案外1番見応えあるかも!?

ゼニトはフィジカルモンスター・フッキに期待!

ベンフィカは面白いチーム!

ロナウド二世とも言われビッククラブ垂涎の的 ゴンサロ・グエデスレナト・サンチェスがどれだけインパクトを残せるかに注目が集まる。

あとアトレティコ戦でゴール決めたギリシャ代表ミトログルにも個人的に注目!

大柄だけどテクニカルだし相手からしたらなんとも不気味な選手・・・。

ドラゴンボールに出てきそうな独特の風貌も好きです!

mm20140306193800_tk1403050050

出典: news.goo.ne.jp

ヴォルフスブルク対ヘント

これまた地味なカード笑

しかしヴォルフスブルクは若き天才・ドラクスラーの活躍に期待!

ヘントは初出場でベスト16進出の快挙!!

バレンシア、リヨンを抑えての2位通過はすごい!

夢の時間はまだ続くか!?

レアルマドリッド対ローマ

奇しくも両チーム監督が代わったばかり。

レジェンド・ジダン監督のもとレアルは生き生きしてきましたね!

ローマも知将スパレッティが凱旋!

レアル圧倒的優位のもと、ローマはどう立ち向かうのか?

この舞台でローマのレジェンド・トッティが活躍したら激アツ!

121025_totti

出典:サッカーキング

いい感じで歳を重ね、渋みが増したトッティ。

かっこいいなぁ。 俳優みたい。

今年とうとう40の大台ですよ!!

衰えないサッカーへの情熱もカッコええ。

CLのグループリーグ、たしかバルサ戦でGKシチェスニーが怪我したとき、交代出場するデサンクティスがもたもたしてた時に、トッティがデサンクティスのお尻にローキックしたんですよね

「さっさとしろよ! 俺は出たくても出れねぇんだぞ!」
みたいなね。

ローマの主将トッティが味方に闘魂注入! 交代出場のGKに気合の蹴り | サッカーキング

やっぱアニキですよ、トッティは。

バルセロナ対アーセナル

プレミアの中でバルサ的なパスサッカーを志向するアーセナルが最強軍団バルセロナにどれだけ食い下がれるか? 見ものだ!

バルセロナのメッシ・スアレス・ネイマールの説明不要・反則3トップにアーセナルのDF陣がどれだけ対抗できるかだろう。

名手ツェフがどれだけ彼らの攻撃を跳ね返せるか、、、

個人的にこのゲーム注目はエジルジルーですね。

アーセナル前線の流動的でクリエイティブなアタックは大好き!

エジル・ジルーラムジーウォルコットが絡むスピーディなパス&ムーブが炸裂すれば面白い!

バイエルン対ユベントス

ベスト16、一番の好カードかもしれない!

バイエルン今年はグアルディオラの最終シーズンだから、選手の気合は半端ないはず。

ユベントスも絶好調でチーム状態もいい。

若き左利きの天才マウロ・ディバラやこれまた若きフランスの至宝ポール・ポグバがどれだけ活躍できるか楽しみ。

国内リーグを振り返れば独走状態のバイエルンと、ナポリと首位争いをし、いい緊張状態にあるユベントス。

バイエルンは昨年のような油断はしないだろうが、ユベントスにも付け入る隙はあるはず。

アトレティコマドリッド対PSV

カリスマ指導者・シメオネ監督のもとソリッドで手堅いサッカーを展開するアトレティコ対若手が躍動するコクー監督率いるPSV。

アトレティコが多分勝ち上がるでしょうね、、

グループリーグの試合見たんですけど、アトレティコのサッカーめっちゃ好きです。

全員がサボらずハードワークするし、攻撃もクリエイティブかつ美しい!

ベンフィカ戦セカンドレグのアントワーヌ・グリーズマンのパスからルシアーノ・ビエットが折り返しサウル・ニゲスが決めたゴール、美しかったですね〜。


アトレティコの攻撃陣は若くて勢いがあり、魅力的です。

グリーズマンとビエットには注目!

 

最後はマンチェスターシティ対ディナモキエフ

シティは来期のグアルディオラ電撃就任が発表され、ペジェグリーニの勇退の花道を飾れるでしょうか?

しかしベスト16は組み合わせに恵まれたというか、順調に行けば勝ち進めるでしょうね。

健康体で出れば必ずと言っていいほど結果を出すアグエロ、テクニシャンのシルバ、高速ドリブルが武器のスターリングに注目。 しかし個人的にはセビージャ時代からヘスス・ナバスが好きなので、活躍してほしい。

デブライネの怪我はしかし痛いなぁーシティ。
0

出典:SoccerHacker.jp

まぁデブライネいないからナバスの活躍はシティ躍進の鍵を握りますね。

 

さてテレビの前でビールでも飲みながら、最上級の闘いを酒の肴に、楽しみに見るとしよう。

 

thiago-silva-nissan-2_z0507kjt6tou1rqemhb4dgl4r

出典: www.goal.com

カテゴリー
スポーツ ラグビー 人生 持論 旅行 近況 野球 音楽

ありがとう2015年!〜エピソード7〜

こんにちわ〜!! masakuroyで〜す!!

 

気づいたら1ヶ月近く更新してなかった〜!!

MacのOSをX el capitanにアップデートしたらめっちゃタイプしづれ〜!! なんだこれw

 

うおっ、気づいたら今年もあと10日余りじゃないですか!!

1年はえ〜な もう2016年かよ!  近未来じゃねーかw

俺今年何したっけ?・・・笑

 

しかし思い返せばこの1年は色々あったなー。

 

友達の結婚式があり、幹事をやってセカオワのコスプレしたり・・・

 

生まれて初めて旗屋さんに行ってセカオワのコスプレで使う旗(イタリア国旗)を買ったり・・・
(あれそういえばどこいったんだ?)

 

伊勢神宮にお参りに行ったり・・・(あまり深く触れないでください笑)

 

友達の結婚式で生まれて初めてハワイに行ったり・・・(イン・ビットウィーン・ドリームス〜ホヌカイラニからの手紙〜参照)

 

野球にはまってひたすらプロ野球の試合見に行ったり・・(東京ドーム&神宮球場プロ野球観戦記DAY1〜とあるグルメの禁書目録〜

 

例のごとく夏やすみは甲子園を見に行ったり・・・(第97回全国高校野球選手権大会観戦記〜来年また必ず戻ってくる〜

 

そして年末には今年最後のビッグイベント、親友の披露宴&余興が控えておりますと・・・

それが終わってとうとう2015年も終了って感じだな。

 

あ、そうそう後忘れちゃいけないのはトレンディエンジェルのM1優勝ね!

斎藤さんの存在を知れたのは今年最後にして最大のサプライズでした笑

めっちゃ面白いわ笑 元気でます笑 斎藤さんだぞ!?

 

IPPONグランプリでてたのをたまたま見た時一般の人かと思った笑

僕の中での流行語大賞は「トリプルスリー」ではなく「斎藤さん」ですよ笑

斎藤さんまじリスペクトです。・・・斎藤さんの存在は僕に希望と光が与えてくれます・・笑

 

音楽的な面で言えば、星野源に始まり、星野源におわった1年だった気がする!

しかし星野源はハマったな〜全然飽きないし全ての曲が良すぎる!

最新アルバムYELLOW DANCERも聞きまくってますよ〜

来年はぜひライブに行ってみたい!

 

さてスポーツ面!

今年大ブレイクしたスポーツ、ラグビー!

201510160003-spnavi_2015101600025_view

いや〜今年もラグビーたくさんやりましたよ!

 

しかし私も30歳の大台を迎えラグビーみたいな激しいスポーツはもうしんどいかもしれんな・・。

ラグビーってガチでやればガチでやるほど面白いんですけど、その分カラダを張らなきゃいけないんですよね・・・・

とうぜんカラダを張れば張るほど怪我する可能性は高くなるわけで・・・

中途半端なプレーをすると逆に危ないってこともあるんですけどね笑

 

私なんてカラダが超固いんで、動きもロボットみたいでいかにも怪我しやすそうなんだけど、今までスポーツしてきたキャリアの中で怪我ってほとんどしてないんですよね。笑

まぁ鉄人と呼んで下さい笑

 

そんな中、先日社会人リーグの最終戦の試合があったのですが、そこで僕の名古屋の師匠Yさんが大怪我を負ってしまったのです!

タックルにいった時に相手の顔面がモロに顔に入って・・

行った瞬間変な音したしうずくまってたからやばいかなと思ってたんだけど、、、

 

顔面陥没骨折ですよ!?

 

即救急車で市民病院に連れて行かれて、試合終わった後迎えに行ったんだけど顔が凹んでるんですもん!

幸い頭とか目にダメージはなかったんでよかったけど、本人はそーとーヘコんでましたね。

(怪我した直後に「俺この顔で結婚できるかな・・・」って結婚の心配してた)

 

もちろん即入院で顔の中にプレートを埋め込む大手術ですよ! ガッツリ整形手術です!

当の本人は「竹野内豊みたいにしてください」って看護師さんに言ってたみたいですけど・・・笑

 

オフの活動でこんな大怪我して、仕事にも支障があったらたまったもんじゃないよ〜!

Yさんも「ちょうどええからこれで俺もラグビー引退する笑」って言ってたけど笑

 

いいか、これから「ラグビーまた始めようかな」って言ってるヤツら(僕の友達)、それだけの覚悟を持ってやれよな!笑

 

まぁどんなスポーツでもそれなりのリスクはあると思うんですけどね。

ほどほどに他人に迷惑かけないレベルでやるのがいちばんですね!

 

俺も新しいスポーツを始めたいなぁ〜笑

今までラグビーやってたおかげでメタボ化を免れたからな笑

やっぱタッチフットかフットサルかアウトドアスポーツかな〜。

 

さて私もとうとう来年4月で名古屋生活6年目を迎えます。

 

果たしていつまで名古屋にいるのか・・・?

そろそろ東京に戻れるのか!?

その答えは誰も知らないがたった一つ確かなことは僕の心だ。

 

「そろそろ東京に戻りてぇ〜〜〜!!!ヾ(゚Д`;≡;´Д゚)ノ゙」

 

名古屋は間違いなく僕にとって第2の故郷であり、会社から家は近いし家賃は安いし最高なのですが、やっぱりこのまま名古屋で一生暮らすのか?!ということは考えられないのです・・・・

 

名古屋に生まれて名古屋で育っていれば、このまま名古屋にずっといたいと思うと思うんだけど、やっぱり僕の故郷は横浜だしホームグラウンドは東京なのだ。

 

あと、年頃的にもう結婚(!)を真剣に考えなくちゃいけないと思ってるけど、相手を探すのは名古屋では難しいんですよ!笑

というのも名古屋(東海3県含む)女子の地元愛は半端ないものであり、地元を離れるのはありえない!と思っている人が99。9%ということがmasakuroyデータベースがはじき出した信頼性の高い答えだからです!笑

 

名古屋で結婚するのであれば、名古屋に骨をうずめる完全に名古屋人になるという固い決意が必要だが、私はそこまではムリだ! だって東京戻りたいも〜んヾ(‘ω’)ノ

一回東京に戻っても全国転勤型の企業に勤めている限り、どこに行くかはわからないと思うんだけどいっぺんとりあえず東京に戻りたいんですわ笑

 

でも日本の社会・会社も変わらないといけないのかもね。

今は結婚しても共働きが普通だし、いきなり夫が転勤になったら単身赴任とかになっちゃうもんな〜

イクメンって言われてるけど育児には男も積極的に参加しなきゃいけないし、出生率をあげよう!子育てしやすい環境を整えよう!と言ってるのであれば、環境整えなきゃいけないしね。

と言っても営利企業の会社あって生活が成り立ってるわけだから、会社の育成戦略を考えたら難しい問題ですけどね。・・・

ラグビーでOne For All, All For Oneって言葉があるけど、個人、家族や会社・地域とみんなが支えあってサポートしていける社会に変えていかなきゃいけないですよね。

とまぁ真面目なこともツラツラ書きましたが、来年は婚活頑張ります!笑ヽ(°▽、°)ノ

 

あと今年のハイライトといえば、今年の抱負に上げてたブログを一年間続けられたことは良かった!

なんだかんだで60回以上もブログ書いてるもんな〜飽きっぽい俺がよくやったよヽ(´ρ`)ノ

来年もブログは頑張るぞ!! そしていつかはブログ本出版だ!・・・と妄想は膨らむ笑

 

今年やるやる言ってプログラミングは全くできなかったけど、来年はちょっとかじってみたい!ヾ(=´・∀・`=) 教室とかあったら通いたいな。

 

まだ終わってないけど今年は皆さんにとってどんな一年でしたか?

振り返っていい一年だったと言えればいいですね!

それではバイバイキ〜ン!ヾ(=・ω・=)o

 

カテゴリー
スポーツ ラグビー 持論 近況

ハロウィンも終わっちゃいましたね。〜今年残り2ヶ月の雑感〜

どーも〜!! こんちは〜!! masakuroyで〜すー・・・。

どーも〜、どーも〜・・・。

はい、という事ですっかり秋ですね!

夜寒くなってきたんで羽毛布団を出しちゃいましたよ〜。

もっと寒くなってきたら朝ますますベッドから出たくなくなるんだろ〜な やだな〜。

 

あ〜もっと仕事できるようになりて〜な〜

もっと頭良かったらな〜

「さすがmasakuroyさん! ナイスアイデア!! それで行きましょう、うん決定!!」

ってお客さんから言ってもらえるようになりて〜な〜。

日々の業務が朝の10分くらいで全部終わって、斬新な提案ガンガンして受注しまくって

「さすがmasakuroyじゃ!! おぬしの貢献度は絶大じゃ! 例えるなら一時代を築いたときのユヴェントスのパヴェル・ネドベドのような仕事人じゃ!!」

7056ebb7

って偉い人から言ってもらえるような人間になりて〜な〜。

 

ネドベドさんみたいにいい仕事がしたい! ただそれだけなんです!

現実はショボい自分から変わりて〜よ〜ヽ(´ρ`)ノ

 

アッ、・・・・アカーーーーーーン!!!ヽ(°▽、°)ノ

めっちゃリアルな心境告白になってしまった・・・。

こんなことブログに書いてる場合じゃない!!

 

ラグビーワールドカップ!!

一ヶ月におよぶいかつい男達の熱い戦いはニュージーランドの2連覇で幕を閉じました!

も〜ほんとにワールドカップ面白かった〜!!

日本の活躍でラグビーの面白さに気付いた人も多いんじゃないでしょうか?!

特にNZオールブラックスのダニエル・カーターの美技が見れて幸せだったな〜!

↑このダン・カーターのパス見て下さい。 芸術の域ですよ?もはや

落ち着いた紳士的な振る舞い、天才的なゲームメイク、正確無比なプレイスキック・・・。

前回W杯、予選プールで怪我してしまった無念を今回見事はらしましたね!

ニュージーランドは一時代を築いたメンバーが円熟期を迎え引退する人も多いだろうから、世代交代を進めていくんでしょうね。

 

あと最近の話題で言えば、ハロウィン!!

渋谷はコスプレした人達で大盛り上がりだったみたいですね〜

ハロウィンもここ数年ですっかり日本に根付きましたね!

名古屋でも可愛い小悪魔が街に溢れていましたよ。

私は一昨年か去年、どうしてもこのハロウィン・フィーバーに乗っかりたくなり、カフェ英会話の会社から案内があった外人の先生も参加するハロウィンパーティーに参加したんですよ。

仮装してくる事が条件だったんで、わざわざ東急ハンズでフック船長のフックを買って参加したんです!

しかし、・・・案の定一人で参加したんですが皆結構顔見知りとか友達だから、その輪になかなか入っていけないんですよね〜笑

フック船長のフックという微妙な仮装をしながらかなり寂しい思いをしてしまいましたね笑

酒の勢いに任せて、音楽に合わせて踊ってるグループに交じって、肩組んで一緒に踊ったりしたんですけどね笑

その内外人の先生と話すようになったんですが、女性の話と下ネタは打ち解けるには鉄板のネタでした笑

仲良くなって「この後俺らクラブに繰り出すから行こうぜ!!」と言われたのですが、怖じ気づいたのでやめときました笑

今年はなんもしなかったけど、来年は友達と内輪のハロウィンパーティーしたいな〜ヾ(・∀・)ノ

最後に芸術の秋といえば、音楽!!

最近ハマっちゃってしょーがない音楽があるんですよ! それがこれ!

Battles / The Yabba

バトルズのThe Yabbaが文字通り中毒性がヤバいです!

フニャフニャしたキーボードのリフレインから始まり、徐々に緊張感を増して行き後半は超絶技巧のアンサンブル!!

久しぶりに出会って幸せだと思えたおんがくですよこれは!!

聞いてるうちに五感が活性化されていきます!

プロモーションビデオが完全にアート!! 音楽とマッチしててめちゃめちゃかっこいい!!

3人の演奏シーンがとてもかっこいいのですが、特にドラマーの人の情熱的なドラミングがたまらん!

ものすごい良い姿勢で鬼気迫った顔でフルート吹いてる女の子と、ひたすらスピンしまっくてるカリビアンっぽい男の子の真剣な表情も意味わからないけど面白いです!

是非一回見てみてください!ヾ(o´∀`o)ノ

さて最後に聞いてて元気が出る曲を挙げて、今日は筆をおきたいと思います。

星野源/ギャグ

では皆さん今年もあと二ヶ月楽しんでいきましょう! アディオス!!

Fin.

 

カテゴリー
グルメ スポーツ ラグビー 持論 料理 近況

フィット!フード!ヘルシー!ダイエット!〜カラダきれてるね!

ラグビーが空前の盛り上がりを見せてますね〜!! どーも〜masakuroyです!

エディージャパンが南アフリカ戦に勝利してから、今まで全くラグビーに興味のない人まで熱心に試合を見るようになって、ラグビーを取り巻く環境の変化に驚きを隠せません!

やっぱり世界で勝つとそのスポーツは人気が出るんですねぇ(しみじみ)

昔っからラグビー界隈では有名だった五郎丸選手が名前の珍しさやルックスの良さでものすごいニュースに取り上げられ、すっかりスター扱いです!

これは大会が終わったら色んなテレビ局に引っ張りだこになるんでしょうね(^‐^)

いずれにせよ長い間低迷してきたラグビー人気が盛り上がってくれる事を願います!

オリンピックの前年には東京でラグビーW杯も開かれますし、すごいいい方向に向かってますね!

ラグビーに興味を持って、やりたいという子供達も増えるのではないでしょうか。

強固な信念を持って日本を鍛え上げたエディーヘッドコーチと、本気で強くなるために4年間頑張ったプレイヤー達には敬意と尊敬の念しかありません!

「練習は不可能を可能にする」という言葉がありますが、「きっと出来る」と信じて地道な努力を続ければ夢が叶うこともあるんだ、という事を教えられた気がします。

 

さて、話はちょっと変わりますがラグビーを見ていて選手達のカラダすげぇ〜な〜!って思いませんか?

84515e14

 

激しいボディコンタクトがあるスポーツで、筋肉の鎧で身を守らなければいけないから当然ですが鍛え抜かれたカラダは本当にかっこいいし男として憧れますよね!

聞くところによると五郎丸選手のキックをする時のポーズは新宿二丁目界隈で大人気だそうですね笑

やはり企業戦士として日々忙しく働く身としては忙しくて食事に気を遣う暇もないし、飲みの機会も多いし気付けばおなかがポッコリとか、だらしないカラダになっていきますよね、、、

私も30代に突入し、忙しさにかまけて気付いたらメタボ体型化・・・というのは避けたいものです!!

ここで太ったらもともとモテないのが更にモテなくなってしまいます笑

もっとシェイプしていいフィジカル・コンディションに持って行きたいし、この状態をキープ・更に良くしていきたいと思ってますが、気をつけたい事・今まで気をつけていた事を語って行きたいと思います!(キリッ)

 

1.なりたい自分をイメージする

私はスポーツが好きなんでサッカー・野球とかばっかり観てるんですけど、選手達を観て「かっこいいなぁ〜」と思うんですよね!

鍛え抜かれた体が生み出す動作はもはや芸術の域ではないかと思うんですよ!

そういう選手達に少しでも近づきたい・自分もあんな風になりたい!と思っていた事が、卒業してからもずっとラグビーを続けていくモチベーションになったと思ってます!

野球とかサッカーの試合観て「かっこいい!俺もラグビーがんばろ」みたいなね笑

太っている状態も嫌ですけど、筋肉全然なくてガリガリなのも嫌なんですよ〜。

やっぱり適度に鍛えて筋肉がついてる状態が一番かっこいいと思うんですよね。

ちなみに今一番かっこいい身体だなと思っているのはサッカーのロベルト・レヴァンドフスキ選手です。 細いんですけど、なんというか体のバランスが良くて動きがしなやかなんですよね笑

GettyImages-490561564-compressor3

 

2.定期的に運動する

やっぱり運動ってすごい大事だと思うんですよ。

なんとなく食べ過ぎても「その分動けば大丈夫だろ!」と思ってるふしがあります。笑

私は一人でランニングとかジムに行くのが続けれないので草ラグビーチーム(?)に入って週1で練習してます。

やっぱり一緒にやる人がいたり、試合に勝つっていう目的がある方が続けれるし頑張れますね。

あと仕事中とかでも、できるだけ階段を使うとか歩くようにしてますね!

まぁ単純に歩くのが好きなだけですけど笑

でも私の周りを見て「やべ〜太っちゃったよ〜」と言っている人は、けっこう少しの移動でもタクシー乗ったりとか歩くのを極端に嫌ってるような傾向があるかな〜と思います。。。

「歩くのは時間のムダ」という人もいますが、一分一秒を争う状況ならそうですけど身体にとっては頻繁に歩いたほうがいいんでしょうね!

散歩するのも運動になるし、歩きながら色々考えられるしすごいいい習慣だと思います。

【偉人も持つ習慣】クリエイティブに生きるために散歩に出かけよう|ハックザライフ

 

3.食事に気を遣う

若い時ってどんなに食べても太らなかったけど、歳をとるにつれ代謝も落ちてくるし、若い時ほど動いてないのに食事の量が変わらなかったらやっぱり太りますよね。・・・

なので食事の取り方も気を遣わなくちゃいけないと思うんですよね!

ちなみに今月のTarzanがすごい面白いです!

IMG_3132

まだ途中までしか読んでないけど良いカラダしてるあの人は何を食べてるのか?という事を特集してます。 食事の観点から身体づくりを見ているのがとても面白いですね!

いいカラダづくりの為の食べ方ガイダンスが載っててとても為になります!

これを読むとやはり現代人は脂質・糖質・塩分をとりすぎだそうです。

食物繊維・ミネラル・タンパク質とかはもっととらなきゃいけないみたいですけどね。

私も去年とか夜ラーメンばっか食べてたんですが、今年から出来るだけ自炊して家で食べるようにした結果、なんとなく痩せましたし体質も改善した気がします。

野菜や海藻・豆腐とか豆をよく摂ることにしてますし、腹八分目というか、ご飯も大盛りじゃなくて出来るだけ普通盛りで頼むようにしてます。

夜仕事から帰ってくるのが遅くなって、食べたらすぐ寝るとかやりがちなんですが、その時はご飯を7割くらいにするとかにしてます!

私チョコとかお菓子が好きなんで間食でよく食べちゃうんですけど、どうせ食べるんなら海苔・干し昆布とかヘルシーなお菓子を食べるようにしたいですね。

ダイエット時はこれ!おすすめヘルシーおやつ&軽食8選

とは言ってもストレスのたまる現代人「カーッ!!食わなきゃやってらんねぇよ!!」と思う時も多いと思うんですよ!

無理矢理我慢して逆にストレスがたまるくらいだったら食べちゃった方がいいんではないかと思います。

まあバカ食いするのはたまににした方がいいと思いますけどね笑

あと良いものを食べるのはすごいいい事ですが、夜はしっかり食べるなら昼は抑えめにするとか、一日の食事の中でどう食べるか考えるとよりいいのではないかという気がします。

食べたいものを食べれないのはとっても悲しいですし、人生の楽しみの一つを失ってしまうことだと思うので、気持ちよく食べるために食べ方を工夫して行きたいですね!

さて、ラグビーのエディージャパン、スコットランド対サモアの結果次第では、最終戦を前に予選敗退が決まってしまいますが、どんな結果になったにせよアメリカ戦は集大成を見せて完勝してほしいです。

私も明日ラグビーの試合があるので、オールアウトしてきたいと思います!

三連休のこり二日、あなたもいいフィットネスをしてはいかがでしょうか?

運動のお供に、最近私がいいなと思う音楽を紹介します!(無理矢理)

それでは、ワンフォーオール、オールフォーワン〜!!

Fin.