Skip to content →

Radioheadの曲で最近好きなやつ(ライブで演る曲)

こんにちは。 masakuroyです。

 

Youtubeってすごいですよね。

 

「マジでこれ無料で見ていいの?」って信じられない動画が上がりすぎていて、どこかで歯止めをかけないと1日中youtubeばっか見てしまう恐れがあります。

 

恐ろしいことです。

 

私はアーティストのPVやライブ動画を見てしまうことが多いのですが、海外のアーティストは権利関係がどうなってるのかわかりませんがP Vもライブ動画もフルで普通に見れるので「本当にこんなタダでおいしい思いしていいんか・・・」って思いながらも見てしまいます。 結局見るんですけどね。

 

しかしPVを見たことがきっかけで結構itunesで音源を買ってしまうことも多いので、アーティストに少しでも還元されていればいいなと思うばかりです。

 

 

で、最近Radioheadの2016のロラパルーザのライブ動画を見たんです。

 

 

 

もうこのライブが素晴らしくて。

 

Radioheadは何よりも音源で聞く曲が好きなんですけど、ライブでここまで再現できるなんて、なんてすごいんだと思ってしまいました。

 

 

もうすごすぎる。神々しい。 尊い。 後光さしてる。

 

 

しまった、ついRadioheadへの一方的な思いが暴発してしまった。

 

Radiohead教信者なもので。

 

お慕いしておりますって感じです。

 

彼らのお気に入りの曲がライブでよく披露されるんですけど、そういった中でも特に最近私が好きな曲を挙げていこうと思います。

 

1. Maxomatosis

アルバム「ヘイル・トゥー・ザ・シーフ」に収録されている曲なんですけど、体を揺らしたくなるグルーヴ感が最高ですね! 不穏なメロディーなんですけど笑

動画に出てくる人たちも頭揺らしまくってトリップ状態に陥ってます笑

しかしとにかくノれる曲です。

 

 

2. Climbing Up The Walls

アルバム「OKコンピュータ」 に収録されています。

重苦しく地の底をはうようなベースが特徴的で、家庭内殺人が曲のモチーフになっているという、救いようがないくらい暗い曲なんですけど、その曲が持つ迫力・迫真性に圧倒されます。

 

コーラスの歌詞

“And either way you turn   I’ll be there    Open up your skull   I’ll be there  Climbing up the walls”

 

もうこの歌詞が怖すぎる! ぞっとするくらい素晴らしい歌です、はい。

 

あれ、こんな曲が好きっておれ病んでるのかな笑

 

もっと詳しく対訳が見たい方はこちらのブログをどうぞ。

 

Climbing Up The Walls /Radiohead | Fritz 

 

3. Ideoteque

 

このEverything In Its Right PlaceからIdeotequeの流れは最高ですね。

 

電子音楽的なアプローチから作られた楽曲が中心の「キッドA」に収録されています。

 

このレディオヘッド版クラブサウンドってテイストがたまんないっすね〜!

 

コーラスのトムとエドのハーモニーがとても美しいです。

 

まるで冷凍庫のクラブで流されるような温度を感じない美しい楽曲です。

(そんなクラブはない)

 

4. There, There

 

「ヘイル・トゥー・ザ・シーフ」収録の曲です。

レディオヘッドの中でも一際トライバルなビートの曲。

 

みんなが打楽器を叩きまくっています笑

 

グリム童話風のPVも面白いんですよね〜

 

この曲が出来上がった時トムは涙を流して絶賛したと言われてますから、バンドお気に入りの曲なんでしょうね。

私も大好きです。

 

5. Paranoid Android

やはりライブではこの曲は欠かせないですよね。

「OKコンピュータ」の2曲目です。

 

複雑なメロディーが一曲の中で何度も変化するのが印象的です。

もう組曲ですね、組曲!

 

半端ない曲ですよパラノイドアンドロイドは・・・

 

中盤でいきなり爆音ギターがうなりをあげる展開とか鳥肌たちますね!

 

 

 

いや〜おすすめあげだしたらキリがないですけど、全てが神曲ですわ・・・

 

単独来日公演来ないかなぁ・・・

 

次フジロックかサマソニで来日したら絶対行こうと思います!!

 

それでは今日はこの辺で。 OKコンピュータ牧場!

 

 

 

 

 

Published in 未分類

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です