こんにちは。masakuroyです。

 

わたしは今、とても悲しいです。

 

なぜかわかりますか?

 

・・・ん? 髪切ってからイジリー岡田に似てきたから?

 

違う! 次!

 

SPA!の袋とじ(エロいやつ)がうまく破けなかったから?

 

 

ちがうわ!!

ちゃんと定規使って綺麗に破いとるわ!!

 

わたしが毎週楽しみにしていたドラマ「カルテット」が終わってしまったからです。

 

もうあの最高のカルテットに会えないかと思うと寂しくてたまりません。・・・

 

社会現象を巻き起こした「逃げるは恥だが役に立つ」と同じ枠で後番組としてやるということで、相当プレッシャーかかっていたかと思うのですが、期待をはるかに超える面白さでした!!

 

こんな素晴らしいドラマをお茶の間に届けてくれて感謝しかないです。・・

 

僕の心に一生残り続けるであろうドラマですほんまに・・・。

 

視聴率はあんまり振るわなかったのですが(最終回視聴率は9.8%だったらしい)ネットをざわつかせ、ニュースでは話題になり続けるという奇妙な現象が起きていました。

 

『カルテット』この4人なら、やり直しスイッチはおさなくていいーー最終話が提示したアンサー

 

私の敬愛する松田龍平と、今世間で女子をざわつかせている高橋一生、当代切っての演技派天才女優・満島ひかり、そして松たか子が共演するというヨダレが出て止まらないような素晴らしいキャスティングの時点で勝っていた感はありました・・・

 

しかしドラマを見てみて一番際立っていたのはストーリーでした。

 

脚本は「最高の離婚」「Mother」なども手がけている坂元裕二さん。

「東京ラブストーリー」も坂元さん作品らしい!! すごいっす。・・・

最高の離婚見てみたくなっちゃった・・

 

『カルテット』脚本家坂元裕二の過去作と評価。満島ひかりとの過去?

 

大人の恋は、やっかいだ」というキャッチコピーの通り、メインキャストは全員30代。

 

ビタースイートで大人なラブストーリーが展開されていくかと思われましたが・・・ちょっと違いました。

 

このドラマは安直なラブストーリーではなかったんです。

 

誰と誰が惹かれあって、最後は結ばれるというお約束の展開にはなりません。

 

カルテットは、人間関係であったり生き方にいろんな可能性を提示するドラマだなぁと思いました。

チェリストの満島ひかり演じるすずめちゃんは松田龍平演じる別府さんに片思いするのですが、別府さんは別府さんで松たか子演じるまきさんが好きなんです。

そんな時すずめちゃんは、別府さんとまきさんにコンサートのペアチケットを渡すのですが、アルバイトしている会社の社長にこう言います。

 

私の好きな人には好きな人がいて、その好きな人も、私は好きな人で。うまく行くといいなぁ、って

 

すずめちゃんにとっては別府さんも好きなんですが、まきさんも同じくらい好きなんです。

 

男だとか女だとかじゃなくて、二人とも「好き」なのですずめちゃんの想いは漂流してしまうのですね。

 

社長に「君の好きはどこに行くの?」と聞かれて

 

さあ・・そのへんにゴロゴロしているというか

 

と答えるんですが

 

このへんのセリフのセンス最高じゃないですか???

 

 

上質な生活を、送りたい。」を標榜する私にとっては

俺は、、、俺はこんなドラマがずっと見たかったんだ!!

 

と思わず街を見下ろせる丘の上から叫びそうになってしまいましたが、

玄関で靴を履いている途中で思い直り、やめときました。

 

そんなすずめちゃんの秘めた思いを知る高橋一生演じる家森さんがすずめちゃんに”SAJの三段活用

(「好きです」「ありがとう」「冗談です」)を授けるのですが、もうこのへんが切ないのなんの!!

 

『冗談です』でなかったことにして、みんなそういう風に生きてんの

っていう家森さんのセリフがもうね・・・!

 

一話あたりの名言のエンカウント率がやばいんですよね、カルテットは。

 

「カルテット」片想いの法則”SAJの三段活用”に「納得すぎる」「激しく同意」の声 すずめ(満島ひかり)と家森(高橋一生)の恋が切ない!

 

30代でまぁまぁいい大人だけど、皆リア充とは真反対でちょっとダメなところがありつつも、前を向いてユーモアを持って生きてるところが共感度マックスです!!

 

 

もう十分いい大人だけど、夢を完全には諦めきれずにいる。

 

音楽への夢を追い続けるか?それとも趣味にして年相応に現実を受け入れて生きていくか?

 

その決断を4人は迫られますが、4人が出した結論とは・・・

 

松たか子演じる巻真紀や満島ひかり演じるすずめちゃんなど、俳優陣の演技がほんとに最高です!

 

かなりサイコな役の吉岡里帆ちゃんやもたいまさこさんなど脇役陣もいい味出してます。

 

若くもなくほろ苦い大人の青春の日々。・・・

 

宙ぶらりんな夢・・・。

 

家森さんもすずめちゃんも最初はただただ自由なダメ大人でしたが笑、次第にちゃんとした社会人として、現実と折り合いをつけながら生きていきます。

 

大の大人が4人で共同生活をして、働いたり働かなかったりで音楽の夢を追う・・・。

 

けしからん! という人もいるかもしれません。

 

でも、何がダメなんでしょうか?

 

生き方のルールっていうのは、決まってるわけじゃありません。

 

道の上を歩いてもいいし、道を外れてけもの道を進んでもいい。

 

誰も通ってない方角に進んでもいい。

 

疲れたらちょっと休んでもいい。

 

「大人は皆何者かでなくてはならない」

「大人としての責任を負わなくてならない」

それはそうだけどちょっと力を抜いてみてもいいんじゃない?

それより目の前の唐揚げをみんなで美味しく食べよう。

 

・・・待って待って、ここにレモンがありますね?

 

唐揚げにレモンをかける、かけない。

 

こういったディテールを楽しむのが「カルテット」です。

 

私はオカンにも「カルテット面白いから見た方がいい」と勧めていたんです。

そしたら「ちょっと分からなかった。戯曲みたいで苦手かも」と言われたんですね。

 

確かに見る人によっては苦手かもしれないです。

でも言い得て妙でこのドラマは「戯曲」みたいなもんだと思いますね。

舞台っぽくもあるかもしれないです。

会話だけで成立するドラマだと思います。

そう考えるとドラマって脚本の力が本当に大きいですね。

 

最終話でコンサートすることがきまった時に、すずめちゃんが

演奏を皆に聞いてもらわなくてもいいじゃないですか? 1人でも2人でも、届く人に届けばいいじゃないんですか?

と言います。

 

たとえ一人だとしてもいい、たった一人の胸に響けばそのコンサートは成功なのだと。

もしかしたらその言葉はドラマ自体のメッセージだったのかも知れません。

 

ー視聴率がたとえよくなくても、このドラマが伝えたいことが見てくれる人の誰かの胸に響けばいい。

誰かの救いになってくれればいいー。

 

結果的にカルテットは多くの人の心に深い余韻を残したと思います。

私もその一人です。

 

こんな誰の得にもならないブログを細々と続けていますが(笑)、

誰か一人でも見て何か感じてくれる人がいるのであれば、

誰かに届く可能性があるのであれば、意味があるんじゃないかと思います。

なので、これからもブログを書き続けます。

 

別府さんみたいなことを言ってしまいましたが、

 

そんな勇気をカルテットが与えてくれました笑

 

 

 

あー、カルテット終わってしまったー笑

 

これから何を見て心の拠り所にしていけばいいんだろ笑

 

よーし、これからもブログ書き続けるぜ!

行こうぜぇ、カルテット!!

 

 

アディオス!!