こんにちは。 masakuroyです。

 

話している時にたまに

 

「最近、いいことありました?」

 

と聞いてくる人がいますが、人はそんなに「いいこと」に飢えているのでしょうか。

 

飢えているんでしょうね。

 

なかなかいいことなんて起きないものです。

 

なんで自分ばっかりこんな目に・・・」と思うこともあるかもしれませんが、そういう時も歯を食いしばって前向きに生きていけばいいことはあるものだと思うのです。

 

まぁ私なんか朝起きて天気が良かったらそれだけで「今日いいことあったわ」って思ってしまいますけどね!

 

 

前置きが長くなりました。

 

 

実はめちゃめちゃいいことがあったんです。

 

タイトルの通り、てるみくらぶ破産事件によって失われたと思っていた旅行代金を、な、な、なんと全額取り戻すことに成功したのです!!!

 

 

いや〜生きてて良かった〜(遠い目)

 

 

こんな大逆転ストーリー、最近のハリウッド脚本の映画でもお目にかかってないよ〜

 

備忘までにことの顛末を記録しておきます。

 

今年6月の友達ハワイ挙式に向けて、昨年2016年11月にてるみくらぶで旅行代金を全額支払っていたmasakuroy。

 

 

友達の分も含めて三人分の旅行代金を振り込んでいました。

 

 

格安でハイアットリージェンシーに泊まれる!っていう早割プランを申し込んでたわけですよ。

 

 

しかし今年3月に「てるみくらぶ、店舗締めてるってよ」という不穏なウワサが立ち始め、まさかの破産。

 

 

我々が振り込んだ金は綺麗に融けてしまったものだと思っていたのです。

 

 

日本旅行業協会の弁済金を申請しても1/10戻ってくるかどうかという話で、じゃあもう諦めよ・・・と飲みの席での話のネタとして擦切れるくらい使っていた半年後のある日、

 

母親が

 

「てるみくらぶのお金、カード払いだったら全額戻ってくるケースもあるらしいから、聞いてみたら」

 

と言ってきたのです。

 

 

そんな話聞いたことないけど・・。

 

 

と思いつつもネットで調べてみると確かにクレジット払いで返金されてるケースもあるもよう。

 

てるみくらぶクレジット返金の実例(VISA,楽天)続々!現金払いの実情と社長山田千賀子の現在とは?|For Woman

 

 

私はクレディセゾンのカードで払い込みをしていたのですが、ダメ元でコールセンターに電話してみました。

 

 

すると担当の人間がいるので後日折り返し電話しますと言われ、何日後かに電話がかかってきました。

 

 

その担当者の人はこの手の相談にはかなり慣れていそうな感じでした。

 

「お? これはなんとなく脈がありそう・・?」

 

と感じ状況を話すと、封書を送るのでそこに書かれている必要書類を揃えて提出してくださいとのこと。

 

 

何日後かに送られてきました。 書類。

 

 

 

「支払い停止のお申し出の内容に関する書面」

 

 

おぉ、これはより一層期待できそう!!

 

書類に書いてある必要書類(と言ってもてるみくらぶから送られてきた旅行の契約・決済に関するメール出力)を揃えて事務局あてに返信!

 

ポストに投函!

 

え〜〜い!

 

 

やった〜これでお金戻ってきたら何に使お〜かな〜! 臨時ボーナスだぜ〜デヘヘ・・・

 

 

と期待に胸を膨らませていましたが、一ヶ月以上何も音沙汰なし。

 

 

あれ〜これはダメだったのか?

 

無理なら無理でもいいから連絡欲しいナ〜・・・

 

もう一回コールセンターに電話してみるか・・・

 

帰宅するたびにドキドキしながら郵便受けを開けて、それらしい封書は届いておらずがっかりするという日々を送っていました。・・・・

 

 

そんなある日。

 

 

いつものように郵便うけを開けるとクレディセゾンからの封書が!!

 

 

急いで家に入り封書を破るとWeb明細にしてるのでいつもは送られて来ない利用明細書が。

 

 

利用明細欄を見てみると・・・

 

 

 

 

う、うおおおおおおお!!!

 

 

クレディセゾンさん、ありがとおおおおおお!!!

 

 

歓喜のあまり深夜の室内で絶叫しそうになり、警察に通報されるところでした。

 

 

まるで98−99チャンピオンズリーグ決勝 ロスタイムの2ゴールでバイエルンに逆転勝利した場面に居合わせたユナイテッドのファンのごとく高揚感を味わいました。

 

 

 

 

これはまさしく「カンプノウの奇跡」ならぬ「”還付なう”の奇跡」です。

 

 

 

「225,517円は指定の口座に返金させていただきます」

 

 

こんな文章が未だかつてカード会社の利用明細に記載されていたことがあるだろうか・・・!?

 

いや、ない!笑

 

 

後日、クレディセゾンさんから別の封書が届きました。

 

 

素晴らしい対応、ありがとうございます。

 

まさか決済から1年経った後に返金してもらえるとは、本当にありがたいことです。

 

神(クレディセゾン様)はいたのですね。

 

少し早いクリスマスプレゼント、せっかくいただいたので、

このことを教えてくれた両親を食事に連れて行こうと思います。

 

親孝行する機会を与えてくれてありがとう。

 

ネットで全てが可視化される世の中ではありますが、意外と知られていないこともあるんですね。

 

最初から「無理だよ」と言わずに、諦めなければ道は開ける。

 

大切なことを教えてもらった気がしました。

 

何事もNEVER GIVE UP! LET’S DO IT!

 

サンキューベリーマッチ!!

 

-全ての同志達(てるみくらぶ被害者)に捧ぐ-

 

Fin.