Skip to content →

search/サーチを観た

インターネットと家族の映画

人に勧められて鑑賞。

あまり話題にならないのが信じられないほどの傑作でした。

今年見た映画の中で一番良かったです。

なによりも常にPCの画面上で映画が展開するという斬新すぎる構成。

SNSやネットを駆使して真実に迫っていく主人公の痛快さ。

インスタグラムやフェイスブック、ツイッターやライブキャストのようなアプリまで色々出てきて楽しいです。

限られたシチュエーションで映画が展開されるにも関わらず全く飽きさせないストーリーテリング。

この映画はITやテクノロジーに関わる業界の方は絶対見たほうが良いと思います。

しかしネットやデジタルテクノロジーをふんだんに取り入れた今作ですが、一番描きたかったのは血の通った人間の触れ合い・家族の姿だと思いました。

大の大人が恥ずかしながら映画の最後で涙が止まりませんでした。

どこまでテクノロジーが発達しても人間の愛はAIにはコピーできない、そんなことを考えさせられた2010年代終盤を象徴する傑作だと思います。

是非見てみてください。

Published in 未分類

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です