こんにちは。

ファッションブロガーのmasakuroyです。

 

スミマセン、一点訂正があります。

 

雑記ブロガーのmasakuroyです。

 

春ですね。

 

花粉はほんとに嫌ですが、あったかくなって、春らしい洋服が欲しくなってきたんじゃないでしょうか。

 

私は以前はファッションとかよくわからず、着れればなんでも良くね?と思っていました。

 

あと、どこで服を買えばいいのかも良くわかりませんでした。

 

たまにユニクロに行くだけで服を買いに行こうというモチベーションもなく、出かけるのに何を着て行こうか考えるのも億劫だったのです。

 

ファッション雑誌に載ってるオシャレな服を着てみたいと思ってはいましたが、デニム1着に5万出せるような財力はありませんでした。

そしてたまに奮発して買ってみて、いざ着ようと思うと「うわ、合わせづら・・」ってなり、そのままクローゼットにしまったまま・・・という残念なことが起こりがちでした。

 

ファッションは難しい、、俺には無理だ、、と半ば諦めた気持ちでいました。

 

皆いったいどこで服を買っているんだ?

そんなに服に金をかけてるのか?

あとどうやってそんなにオシャレになったんだ??

 

・・・とか考えて悶々としていました。

 

そんな思いを抱えていた時、私は一冊の本に出会ったのです。

 

ファッションブロガーMBさんの「最速でオシャレに見せる方法」です。

 

お金もセンスもファッション誌もいらない!”という挑戦的なコピーに延髄蹴りをくらったような衝撃を受けた私は貪るようにその本を読みました。
詳しくは本書をお読みいただければと思いますが、漠然とセンスで片付けられるファッションだが実はルールがあり、それに則ればなんとなくオシャレに見えるというものです。

 

私はこれを読んで、コーディネートした時に「なんか違うなこれ……」という感覚の正体が分かった気がしました。

 

いずれにせよ私はこの本を読んでから俄然ファッションを面白いと感じるようになりました。

 

何よりも画期的で衝撃だったのが、「全身ユニクロでもオシャレは可能」であるということです。

 

高い服を着るのがオシャレというわけではなく、自分にあった服を、自分にあったサイズでバランスを考えて着ればオシャレは出来るということです。

 

本当に目からウロコでしたし、オシャレは難しくないんだ!と感動のあまり街をみおろせる丘の上から叫びたい衝動にかられました。

通報される恐れがあったのでやめましたが。

 

この本で書かれていることの一部に、日本のファッションは圧倒的にアメリカの影響を受けておりいわゆる”アメカジ”が多いが、メンズファッションの基本は”ドレス”であるという事があります。

 

ドレスファッションの頂点がスーツであり、とりあえず男はスーツをしっかり着てればなんとなくキマるのはそのためであります。

 

ドレス”の要素と”カジュアル”のバランスを取ることがオシャレの醍醐味というわけです。

 

例えば「着崩す」というのはドレスの中にカジュアルの要素を取り入れると考えるとわかりやすいかもしれないですね。

ただしこれには諸説あると思います。
アメリカ西海岸的なネルシャツ+デニムこそがファッションの王道でしょという人もいるでしょう。

 

私もニルヴァーナに憧れ、なんどカート・コバーンのようなグランジファッションを真似たいと思ったことか、、、笑

しかし誰でも簡単に真似できるというものではないのですね。

 

中途半端に真似しようと思ったらただのとっつぁん坊やになってしまったりとか・・・ショックですよね笑

 

私はMBさんの雑誌SPA!の連載も見ながら、「なるほど〜!」と思いながらファッションを勉強しています。

 

以前は一切ファッション雑誌とか買わなかったですが、最近は結構買って読んでいます。

自分から能動的にファッションを学ぶということはしていなかったのですが、読んでみると面白いし真似したくなります。

以前は絶対買わなかったような色の服を買ったりもしてみたりしています。

 

このあいだ、学生時代の写真をたまたま見たんですね。

そしたら、大学生当時の私のファッションがダサいこと・・・笑

本当にこのイモくささはやばいなと思いました笑

 

10年後に自分の写真を見て「ダサっ!!」と発狂したくはないので、ファッションを学び続けていきたいと思います。

 

MBさんの本で学んだファッションの基礎ルールを基本にしつつ、自分に合うようにアレンジしながらオシャレを楽しんでいます。

その自己流ファッションの楽しみかたを紹介しましょう。

 

①.ファッション雑誌を読んで「かっこいい」と思う服やコーディネートがあったら、ユニクロや無印良品に似た服がないか探しに行く。

 

ファッション雑誌に載っている服は超絶かっこいいですが、目が飛び出るような値段です。

買いたくてもそんなもんは買えないのですが、同じようなものをユニクロや無印、もしくはZARAやH&Mで探して買ったりします。

複雑な柄物とかだったら難しいかもしれませんが、ベーシックな色・仕様だったら大体あるでしょう。

 

②. シンプルなファッションを心がける。

 

ノームコア」というのがファッション界のキーワードになっていますが、”究極の普通”という意味です。 今はシンプルなファッションのトレンドが長いように感じますね。

全身のコーディネートの色を3色くらいに抑えたり、無地のシンプルな服は着ればさすがにダサい格好にはならないような気がします。

しかもシンプルな服は着まわし出来たり使い勝手もいいですしね。

下手するとすごい地味な格好になって、個性が見えなくなっちゃったりしますけどね。

難しいものです。

 

③.街を歩いている人のファッションを参考にする

 

私は三軒茶屋が好きでよくのですが、土地柄かオシャレな人がとても多いんですね。

ですので自分も真似できそうなファッションしている人がいないか、歩きながら探しています笑

あっあの人センスいい!

あのコーディネート自分も取り入れてみよう!

と思ったら一生懸命記憶にとどめておくようにしています。 さすがに写真とか撮ったら怒られちゃうので笑

 

④. トータルコーディネートで真似する

服屋に行ってめちゃめちゃかっこいい服に一目惚れして、奮発して購入していざ着ようと思ったら意外と使いづらい服だったりすることがままあります。

 

私は結構そういう経験が多かったので、その服単体ではなくトータルのコーディネートのバランスを見て服を買うようにしています。

ファッション雑誌を買うのもそのためです。

雑誌に載ってる高い服を買うつもりは毛頭ありませんが、かっこいいコーディネートのスナップがあったら、丸パクリして真似します。

同じような服をユニクロや無印良品に買いに行き、そこになかったらもっとオシャレだけど比較的リーズナブルなジャーナル・スタンダードユナイテッドアローズ・グリーンレーベルリラクシングに行って探します。

 

ZOZOTOWNとかネットで服買う人も多いと思うんですけど、私はあまりネットショッピングが得意じゃなくて、買ったことありません。・・・

 

慣れればそっちの方が安くて服買いに行く手間もなくていいのかもしれないですけどね。

 

偉そうにつらつら書いてきましたけど、未だにオシャレってなんなのかよくわかりませんし、自分がかっこいいと思って着てて、後から冷静になって振り返るとすげぇダサかったんじゃないかとか年不相応な格好してたりしたんじゃないかと思ったりすることもあります。

ファッションなんて自分が格好いいと思ったものを着て堂々としているのが一番いいのじゃないかとも思ったりもます。

 

自分でいいと思ってれば人の目なんか気にしなくてもいいと思いますし。

 

しかし前よりも確実にファッションに対して興味を持って、楽しめているのは確かです。

 

以前は着なかったような服を買って失敗することもありますが、そう言ったことも含めてファッションをもっと楽しんでいきたいと思っています。

いつか、たまに街で出くわすような、自分流のファッションを確立したおしゃれなお爺ちゃんになるのが夢です。

それではレッツ・エンジョイ・ファッション!!

ごきげんよう!