お疲れさまです。 masakuroyです。

いや〜今週は雨ばっかですね〜!

週末が雨だと洗濯物外に干せないから最悪なんですよね〜

部屋干しはなんか嫌なんですよねぇ。

9月に入ったら一週間前までは夏だったとは思えないほど涼しくなりましたね!

虫の鳴き声も聞こえるし、すっかり秋の夜長って感じですね!

月見まんじゅう食べたい・・( ´ー`)

 

 

さて昨日は大雨が降りしきる中、まさかのラグビーの練習を行ったのですが、

案の定、帰ってきてから風邪を引きました。・・・

体がだるくてヤベェと思いつつなんとか帰宅し熱をはかってみるとなんと38度!!

高熱ではないか!!

明日は月曜日でこれはイカンと思った私は、薬を飲んで速攻寝ました。

風邪を引いた時は栄養をとってひたすら寝るに限る。

15時から朝7時までぶっ通しで16時間くらい寝た結果、熱も下がり無事出社することが出来ました。

 

そんなとき、私はあることを思い出したのです。

よく「男が彼女がほしいと思った時ランキング」みたいなので、大体「風邪を引いたとき」とかが上位にランクインするじゃないですか。

男性が「彼女が欲しい」と思う瞬間5つーモデルプレス

 

私は思うのです、甘えてんじゃねぇー!!っと。

「風邪をひいたとき、『彼女がいれば、看病してもらえるのにな』と考えてしまった」

とか書いてますが、じゃあお前は彼女が風邪引いた時に看病しに行くのか!?と。

自分が弱ってる都合がいい時だけ人を頼るんじゃないよ!!

と泉ピン子ばりの辛口マシンガンが炸裂しそうになります。

 

男なら風邪を引いた時は黙って、

「フフフ・・・病め、おもしれぇじゃねえか・・そんなもんで俺を倒せると思うのか!?

絶対俺はお前を一晩で克服してやるぜ!! いざ勝負やぁァァアア!!!」

一人で体調不良と向き合い、それを克服して何事もなかったかのように振る舞うべきなんですよ!!

 

私は風邪を引いたり、怪我をしたりしてそれが徐々に治っていく瞬間が好きなんです。

昔よんだ「ぼのぼの」というマンガに、お父さんとぼのぼのが全力疾走をした後、はげしく息切れして心臓の鼓動が早まるのですが、徐々に心臓の脈が通常にもどっていって

「なおるって、すてきだなぁ」と二人で納得し合うといういかにもぼのぼのらしいほのぼのしたエピソードがあるんですが、風邪ひいたときや怪我したときはいつもこれを思い出します。

 

まぁだからなんやねんて話ですが、風邪くらいで人に頼んなと。でも本当にやばかったら救急車呼べよと。 そういうことです。

 

本当はもっと違うこと書きたかったんですけど、夜も遅いんで今日はこんなもんにしときます。

アスタマニャ〜ナ〜!!