こんにちは。 masakuroyです。

 

とつぜんですが、私は大の音楽好きです。

 

音楽を聴くことが最大のリフレッシュであり、仕事で行き詰まっている時でも

ひとたび移動の際などに音楽を聴けば、

 

「生き返ったワ〜!」

 

と、即効元気チャージすることができます。

 

それほど音楽が好きな私は常に「いい音楽に出会いたい」とアンテナを張り巡らせております。

 

さいきんでは能動的に情報を取りに行く際は音楽サイトを回遊したりしてますが、twitterでフォローした音楽サイトのポストで偶然出会ったりということもあります。

 

あとテレビ見てる時にドラマの主題歌とか、CMで起用された曲で気になって聴いてみるということもありますね。

 

邦楽だと音楽に出会うチャンスはままあるんですが、私が耽溺する洋楽インディーロックとなると、ただでさえ情報が少ないのでなかなか出会うチャンスはありません。

 

「あ〜、なんか上質で静謐な洋楽インディーロックが聴きたいナ〜」

と思っていたところ、出会ってしまったんですよ。・・・

 

 

まだ一月にもかかわらず私の中で年間ベストともなりそうなアルバムを・・・!

 

 

それこそ、今月リリースされたThe xxの3枚目のアルバム、「I See You」です!

 

出典:www.lesinrocks.com

 

The xxは2009年に彗星のごとくシーンに登場し、まだ20歳そこそこだったにもかかわらずデビューアルバム「The xx」が英音楽界最高の栄誉マーキュリー・プライズを受賞するという快挙を成し遂げたバンドです。

 

言ってみれば欅坂46レコ大受賞するようなものです。

 

アレッ、結構普通か

 

(おそらく英国内のマーキュリー・プライズの格はレコ大とは全く違うと思われます)

 

デビュー当初は「機材を買うお金がなかった」という理由で徹底的に無駄や余計な要素を削ぎ落とした極みミニマル的なロックが新鮮すぎてドギモを抜かれました。

 

しかし、ロミーとオリヴァーが交互に織り成す憂いを帯びた大人びたヴォーカル、ジェイミーの生み出す複雑でよく練り上げられた中毒性のあるリズムパターンに脳天をやられ、

 

なんだこのシンプルなのにロック/テクノ/エレクトロニカ/ポストダブステップの要素を全て持ち合わせた音楽は・・・!  これはIT時代のニューミュージックや!

 

と柄にもなく関西弁で丘の上から叫んでしまったことを覚えています。

 

1stアルバムから「Crystalised」是非聴いてください。

 

この只者ではない空気、ゾクゾクするでしょ?

まさに恐るべき子供たちでした。

 

そして時は経ち、27歳になった彼らは更に成長し、満を持して「I See You」を送り出してきたのです。

The xxへ念願のインタビュー|超待望の新作からBrexitまでを訊く-インタビュー:CINRA.NET

 

ジェイミーはソロ活動(DJ・クラブミキサー)で培ったクラブ・ミュージックのエッセンスを巧みにバンドに取り込み、彼らの音像にさらなる厚みと深みをもたらしました。

 

成熟して大人になった彼らはただひたすら美しく響く静謐な音楽を作り上げたのです。

 

デビュー作のような若さゆえのギリギリのバランスで成り立っているような危うさはなく、(それが彼らの持つ魅力でもありましたが)非常に安定感がありながらも、新しい要素を取り入れて音楽の幅がすごく広がったなと思います。

リードシングル「On Hold」のPVをごらんください。

 

美しい。・・・

 

日々の雑踏に紛れていてもイヤホンをつけて再生ボタンを押せば一瞬で別世界に連れて行かれます。

 

The xxの音楽は”ここではないどこか”に連れ出してくれる特別な音楽だと思います。・・・

 

コーラスの後に挿入されるサンプリング・ヴォイスのリフレインやリズムはジェイミーのDJとしての活動がふんだんに活かされていて、マジでかっこいいです!

 

ちなみにジェイミーのソロプロジェクト、「Jamie xx」のアルバム「In Colour」はロックではなく完全にクラブミュージックですが、こちらもドハマリしています笑

 

Jamie xx、感情の欠片を繋いだ作品『In Colour』|Qetic

 

私いかにもクラブミュージック(ユーロビートとか笑)的な、

 

フロア爆上がりィー、テンションアゲアゲー!! セックス! セックス! セックス・オン・ザ・ビーチ!!(ウェーーーイ!!)

 

みたいな音楽に関心が一切ないのですが、本当にIn Colourは素晴らしく上質なクラブミュージックって感じです。

 

こういうエレクトロニカとかポストロックに接近したクラブミュージックって、本当に惹かれてしまう。 もっとも大好物かもしれないです。笑

 

さいきんはI See YouとIn Colourを無限ループでひたすら聴いています笑

 

フォーテットとかゴールドパンダも大好きだし、エフェックス・ツインのXtalとか大好き笑

 

Jamie xxの美しい一曲、「Loud Places」も是非ご一聴ください。

 

 

彼らは若いのに忍び寄る誘惑にはわき目もふらずに、ひたすら「美しい音楽を作る」という一点のみに真摯に取り組んでいます。

 

ジェイミーもDJで来日中は一心不乱にレコ屋でアナログレコードを漁ってたっていいますからね。

 

根っからの音楽バカなんでしょう。

 

私は彼らみたいに音楽に対して誠実なバンドが、本当に大好きです。

 

まるで野球に例えるなら大谷翔平くんのようです。(なぜ野球に例えた)

 

聴くのが楽しみなバンドがまた増えました。

 

これからも彼らのことを追っかけていきたいと思いますし、キャリアを積む中でどのように彼らが変わっていくのか、楽しみです。

 

インディーロックの未来は、彼らの手の中にあるー。

 

そう言っても過言ではありません。( そう言ってるお前は何者やねん)

 

ばいちゃ!

 

Fin.