Skip to content →

The xx I See You ライブに行ってきた

こんにちは。 masakuroyです。

昨日、The xxの単独来日公演に行ってきました。

昨年リリースされた彼らの3rdアルバム「I See You」については以前ブログでも書きました。(過去ログ 上質で静謐な音楽の創造者、The xx 参照)

そのアルバムの内容が素晴らしかったので、単独来日公演をすると知って是非行きたいと考えていました。

しかも三連休の中日、2/11(日)幕張メッセという神のような日程でした。

海外アーティストのライブは平日だったりする事が多く、仕事の調整がうまくいかずに行けなかったりする事が嫌なので今まで行った事はありませんでした。

しかし今回は日曜日、しかも翌日は祝日でやすみ!遅くなったりする事を心配せずに思う存分ライブを楽しめるという素晴らしさ!

行かないという選択肢は早々に排除されました。

昨日は18時から開演でした。

30分くらい前に会場に着くとすごい人です。

洋楽に興味がない人であったらまず知らないだろうアーティストで、まだ若手といっていいThe xxの単独公演にこれだけの人が集まっていることに衝撃を受けました。

まず幕張メッセっていうでかい会場が埋まるほどの人気が日本であるのか?と勝手ながら思ってましたが、会場は立ち見・スタンド席ともに埋まっていました。

私は音楽が好きですが、洋楽インディーロックの話をできる人は周りにおらず、当然ピン参戦でした。

しかし会場はThe xxが好きなたくさんの人の熱気で満たされており、普段に話題に上る事の少ない洋楽インディーロック好きがこんなにいるんだと思うとなんだか嬉しい気持ちになりました。

18時からまずオープニングアクトのD.A.N.(ダン)のライブが始まりました。

彼らも好きなバンドで過去ブログで紹介していました。(過去ログD.A.N.がいい

昨年夏にcero presents Outdoorで見た時よりもさらにスケールアップしていて、独特の世界観を演出していました。 これからますます楽しみなバンドだと感じました。

さて、真打のThe xxですがなかなか始まりません。 D.A.N.が終わって30分くらいたってからでしょうか、とうとう始まりました。

I See Youのオープニングを飾る”Dangerous“から始まり会場から待ってましたとばかり大歓声が!

もうその音像、サウンドスケープに最初から引き込まれました。

もちろん音源で聴いていて曲の素晴らしさはわかっていたつもりでしたが、こうして生演奏を聴くとその楽曲の素晴らしさが更に磨かれ、際立ったように感じました。

私はそこまでライブに行くほうじゃないですが、ライブより音源の方が優れていると思い込んでました。

特にThe xxの曲は部屋で一人で静かに聴くのがあっている音楽だと思っていたのです。

しかしそれは大きな間違いだと気づかれました。

彼らの楽曲はオーディエンスの前でパフォーマンスするために作られているんだと感じたのです。

もともと極限まで削ぎおとされた少ない音数で有名だった彼らですが、音が少ないからこそ一つ一つの音色が非常に際立って響いていました。

それにロミーの透き通るように綺麗で力強いヴォーカル、髪を振り乱しながらギターを演奏する立ち姿の美しさ、そこに好対照なオリヴァーの低く味わい深いセクシーなヴォーカルが絡み合い”これぞThe xx!!”という唯一無二の世界が広がっていました。

オリヴァーも高身長だと思うのですが彼の持つベースギターがとても長く見え、そのベースを構える姿が最高に様になっていました。

彼はそのベースギターを大きくスイングしながらプレイするのですが、とても絵になるし美しいのです。

ベースプレイヤーは概して裏方に徹して黙々とベースを弾くイメージがありましたが、オリヴァーのベースプレイはもはや”ベースを弾きながらのダンス”といっていいほどエンターテイメント性を兼ね備えてました。

そして彼らの後ろの高台ブースから黙々とDJやビートメイキングに徹するジェイミー。 彼の立ち居振る舞いもとても美しく、無駄のない機能的な動きに目を奪われました。

まるで新進気鋭の料理研究家のような身のこなしでした。

途中からすごい手際で料理を作ってるように錯覚してしまいました。

The xxは打ち込みのビートとプリセットされたリズムパターンをジェイミーがパッディングするスタイルが特徴的だと感じていましたが、生でみると一層感動しました。

前列で動き豊かにプレイするロミーとオリヴァー、後ろからDJとしてメロディ・リズムをコントロールするジェイミーの三位一体の動きが、ライブスタイルとして意外と新鮮で目を奪われるのです。

そして何よりも美しい。

終盤、ジェイミーのソロ作品「In Colour」からロミーがヴォーカルをとる”Loud Places“がプレイされ、照明がIn Colourのカラフルな虹色になっていたのは感動しました。

loud placesが終わったあとロミーとオリヴァーは舞台裏にはけ、そこからジェイミーのDJタイムが始まり、会場は一気に巨大なクラブに変わりオーディエンスが湧きました。

ジェイミーがフロアを沸かせている中唐突に音楽・照明が消え再びついた時に、いつのまにかステージ中央にいたロミーが”On Hold“を歌い出すー。

このにくい演出に会場のボルテージは最高潮に達しました。 私も熱狂のあまり歓声をあげていました。

最後にAngelsを披露したあと、彼らのショーは終了しました。

アンコールはありませんでした。

しかしアンコールは不要でした。

それだけ完璧なショーだったからです。

本当に素晴らしいライブでした。

今まで見てきた中で最高のライブだったかもしれません。

ここまで心を動かされるなんて。

本当にいい芸術に触れた時は心が揺さぶられ、そして満たされることを知りました。

また彼らのショーを見たい。  彼らの曲を聴きたいと強く思いました。

まだ若い彼らのこれからの躍進に期待を抱かずにはいられません。

Published in カルチャー 音楽

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です